» Latest Info.
» Archives
09.28.2019

SUB MARKET

image1 (23)

OPEN / START
09.28.2019 

19:00

ADV / DOOR

ADV ¥3,000/DOOR ¥3,500(+1DRINK)
Entrance free for junior high school students and younger!!

e+ にてチケット発売中!
https://eplus.jp/submarket/

LINE UP

MARKET:
dojoe×RIE SATO Paris
Kit Gallery
UPPERLAKE MOB
VELVET

LIVE ACT:
acd.

BGM SELECTOR:
CHABE
Shu Iwan(STRANGER)
真部 脩一(ex.相対性理論、集団行動、Vampillia)

10.06.2019

シュネラートラーマイヤー JAPAN TOUR 2019

OPEN / START
10.06.2019 

17:00

ADV / DOOR

前売り ¥2,500/当日 ¥3,000
※ドリンク別 Plus drink

ご予約はこちらから

LINE UP

Live:
Schnellertollermeier (from Switzerland)
NRQ (New Residential Quarters)

Dance:
マコ・クベック Mako Kubeck

VJ:onnacodomo

DJs:
HAMADARAKA
Dr. J’s Acid Bath

INFORMATION

ジャズ、ミニマル、ポストロックを融合し、新しいサウンドを生み出すスイス出身の3人組シュネラートラーマイヤー(Schnellertollermeier)は2018年、西麻布スーパー・デラックスで初来日公演を果たしました。彼らのパワフルなライブをまた体験したくて、東京公演を3会場に渡り それぞれスーパー・デラックスな内容で企画しました!共演者もお楽しみに!是非ご来場ください。

——————-
出演者詳細

■シュネラートラーマイヤー Schnellertollermeier
191006-1-STM_GB
Andi Schnellmann アンディ・シュネルマン (bass)
Manuel Troller マニュエル・トローラー (guitar)
David Meier デビッド・マイヤー (drums)

スイス・ルッチェルン芸術大学のジャズ科在学中に結成され、ジャズ、ミニマル、ポストロックを融合し、エキスペリメンタルな彼らの新しいサウンドを生み出した。ジャズフェスだけではなく、欧州・カナダ・全米・アジアのロック・フェスフェスティバルからの出演依頼も多々。前作のアルバム”X”ではウォールストリート・ジャーナル誌の2015年12枚のベストアルバムに選ばれる。彼らの音楽はストレートで言い訳をしない。ハードコアーなジャズからエキスペリメンタルなロック、オータナティブまで1つのスタイルにははまりきれないパワーが心臓の鼓動をヒートアップする。それぞれの要素や音を大切にひとつにしていくバンドのライブを体感すると、その音にダイブしたくなる錯覚に陥りそうになる。ちなみに、彼らのややこしいバンド名は、メンバーの名前をくっつけて作った造語。Photo by Gregor Brändli

2015年ライブビデオ
2017年ライブビデオ
オフィシャルサイト

■NRQ New Residential Quarters
191006-2-NRQ
牧野琢磨 (guitar)
中尾勘二 (drums/sax/tb/kl)
服部将典 (contrabass)
吉田悠樹 (二胡)

New Residential Quarters。読み方は「ニュー・レジデンシャル・クォーターズ=新興住宅地」。略して今はもう「NRQ」。2007年に吉田悠樹(二胡)+牧野琢磨(guitar)デュオとして活動を開始。2008年には服部将典(contrabass)が参加。中尾勘二(drums/sax/tb/kl)にも参加を依頼、現在は4人。今後もこの4人。

2016年ライブビデオ
2018年ミュージックビデオ
オフィシャルサイト

■マコ・クベック Mako Kubeck
191006-3-makokubeck-bc
静岡出身。幼少より前田バレエ学苑にてバレエを習う。日本大学芸術学部演劇学科卒業。1990年、珍しいキノコ舞踊団創立メンバーとして2009年まで国内外の全ての公演に出演。現在はソロのダンサーとしてロロロ、UA、Buffalo DaughterなどのPV・ライブに出演する他、KYOTARO、HAMADARAKA、金谷裕子、斎藤徹など 他ジャンルのアーティストと共演し、コラボレーション作品を演出、出演している。また、2015年ジャイロキネシス レベル1、2017年ジャイロトニック レベル1 の資格取得。認定トレーナーとしても活動している。
https://haredance.tumblr.com/

■onnacodomo (オンナコドモ)
191006-4-onnacodomo
ビデオカメラの下でコップの水をゆらしたり、オモチャや文房具、紙の切り抜きでコラージュをしたり、指で踊ったり。リアルタイムで音楽に合わせて映像を作り出す異色のVJユニット。2011年にはバッファロードーターのVJとしてフジロックフェスティバル、2015年にはRyan HemsworthのVJとしてアメリカのCoachellaに出演。
http://www.onnacodomo.com/

■HAMADARAKA(EruArizono / EmuArizono)
191006-5-hamadaraka
有園絵瑠 / 有園絵夢
絵描き。「あり得ない生き物や時間が混合する事によって生み出される楽園」「この世とユートピアの間に存在する世界」をテーマに、様々なツールを使い表現する。国内での個展の他、フランス、オランダ、NY、北京、台北、ドイツ、ベルギー、ブラジル/ブラジリア国立美術館等でのアートプロジェクト、滞在制作に参加。2018年、DIESEL ART GALLERYにて個展「EDENDORDORADO」を開催。北京Qingyun International Art Centerにて大型壁画制作を行う。2019年、Rotterdam, Berlinにて滞在壁画制作を行う。”Hedwig and the Angry Inch” John Cameron Mitchell来日公演コスチュームアートワーク、Charaツアーグッズ、CDカバーアートワーク&デザインや、マガジン, ファッションへのアートワーク等を手掛ける。作品集『YAUYAUPARAISO』(ERECT lab.) を出版。
https://hamadaraka.tumblr.com/

■Dr. J’s Acid Bath
191006-6-drjab