» Latest Info.
» Archives
12.09.2022

秋葉原重工 – Akihabara Heavy Industry Inc.
Jingumae Branch #2

FhMLVj0aAAAkTmt

OPEN / START
12.09.2022 

22:00

ADV / DOOR

¥1,500 / ¥2,500
前売り券はこちらより

LINE UP

Guest DJ:
HIROSHI WATANABE aka KAITO ( Transmat / Kompakt )
SEKITOVA

Guest VJ:
Takayuki Tominaga
和田アキホ (湯WIRE )

DJ & Live:
Atsushi Ohara
AcidGelge -Live
Hiroshi Okubo
KURAYAMI -Live
REV-TUNE
Takayuki Kamiya

VJ:
KAZUMiX

Live Paint:
MASUMI

主催:
REBOOT

文化庁「ARTS for the future!2」補助対象事業

12.10.2022

THE GALAXY EXPERIMENT

GALAXY_2212-06

OPEN / START
12.10.2022 

23:00

ADV / DOOR

¥2,500
25歳以下の方は¥2,000でご入場いただけます。
エントランスにて身分証明証をご提示下さい。

LINE UP

DJ
AKEY
BOW
DJ SHUFFLEMASTER

VJ HATEGRAPHICS

INFORMATION

THE GALAXY experiment、12月10日はex CONTACT TOKYOにて”voltex”を主宰、その他幾多の野外フェスでも称賛されるAkeyが登場。Akeyによる王道にしてアヴァン、ダークにして昇華する2時間。仙台の名店CLUB SHAFT経由ZUNDOKO DISCOを主宰するDJ BOWによるトリッピー・エレクトリックスタイルの2時間。まさにジャパニーズ・アンダーグラウンド・テクノの深層部、ロングタイム・オデッセイを貴方に。

12.13.2022 - 12.14.2022

Refraction Tokyo 2022 – Gallery Exhibition

S__20750374

OPEN / START
12.13.2022 - 12.14.2022 

18:00-23:00

INFORMATION

Refractionは12 月にManami Sakamoto、Jackson Kaki、Genki Nishidaと共に 2 つのイベントを共同プロデュースおよび共同キュレーション。
12月11日に渋谷で開催される第 7 回 MUTEK Japan と連携してRefraction X MUTEK.JP afterparty @ Mitsuki を開催します。
このイベントに続いて 12月13日と14日にGallery Exhibition @ Galaxy – gingakeiが開催されRefractionアーティストのHana Watanabe、Kaoru Tanaka、Jackson Kaki、machìna+ Manami Sakamoto、Saeko Eharaなど国内外30+の映像作品、NFTアートが展示さてます。
東京で初めてとなるRefractionのビジュアル アート、音楽の祭典に是非ご参加ください。

Refraction TokyoMUTEK.JP afterparty – 11th December @ Mitsuki
(Shibuya City, Dogenzaka, 1−22−12 長島第一ビル B1)
Gallery Show – 13th + 14th December @ Galaxy – gingakei
(Shibuya City, Jingumae, 5−27−7 アルボーレ神宮前 B1)
Refraction is co-producing and co-curating two events in early December with Genki Nishida, Manami Sakamoto and JACKSON kaki.
On 11th December, and in conjunction with MUTEK Japan for its 7th edition in the Shibuya district, Refraction will host the MUTEK.JP afterparty @ Mitsuki.
Following this event, a gallery exhibition will be presented on 13th and 14th December @ Galaxy featuring Refraction artists Akiko NakayamaAkiko NakayamaHana Watanabe, Kaoru Tanaka, JACKSON kaki, machìna+ Manami Sakamoto, Saeko Ehara and many more.
Join us in Tokyo for 3 nights of visual art, music, and collaboration.

12.16.2022

SPECTRA LABEL SHOW Vol.28
-WHITE and BLACK Release Party-

FhM1dUcVEAAzV_c

OPEN / START
12.16.2022 
ADV / DOOR

¥2,500 / ¥3,500
前売り券はこちらより

LINE UP

出演
KEN ISHII
Hiroyuki Arakawa -LIVE-
Neurojacker -LIVE-
Chrumi
MAREAM
HOWAKO

VJ
LIGHTCELL
HAKAAKI
fuk@kichi

主催:REBOOT
文化庁「ARTS for the future!2」補助対象事業

INFORMATION

国内外のアーティストから支持を集める、HIROYUKI ARAKAWA主宰のジャパニーズテクノレーベル“SPECTRA”が
第28回目のレーベルショーをGALAXY銀河系で開催。

本企画は、同レーベルSPECTRAより、東洋のテクノゴッドKEN ISHIIとHIROYUKI ARAKAWAの共作「WHITE and BLACK」のアルバムリリースを記念したパーティーとなっている。
KEN ISHIIのDJと、HIROYUKI ARAKAWAのLIVEを中心とし、リミキサーとして参加しているSPECTRAのアーティストで固められた統一感の濃い内容。
さらに、GALAXY銀河系のパワフルなサウンドシステムと、VJを3つの壁面で楽しめるGALAXY銀河系ならではの空間が、さらにアーティスティックにレーベルショーを引きたてる。

同日会場では、本リリースのCDが特別にリリース前に物販され、いち早く入手することも可能。
本アルバムのリミキサーは、FRANK MULLER、HIROSHI WATANABE、A. MOCHI、Q’HEY、RISA TANIGUCHI、SEIMEI、HERBALISTEKといった実績と実力を携えた総勢14名が並ぶ強力なコンテンツだ。

是非、当日GALAXY銀河系に足を運び、リリースの瞬間となる本パーティーを体感してほしい。

12.17.2022

LOVETRIBE -UNIONLIGHTS- #ラブトライブ

FiiXKS4VQAAM7XQ

OPEN / START
12.17.2022 

14:00-20:30

ADV / DOOR

¥3,000円(3ドリンク付)
※得して欲しいので必ずTwipla登録してください!※

※Twipla登録が無い場合※
¥3,000円(1ドリンク付)

INFORMATION

ラブライブ!シリーズ曲《9》割↑クラブイベント

原宿にLiella!を響かせマショウ!

【GENRE】
秋葉原+神田+神保町+沼津+函館+お台場+表参道+原宿+青山+神津島

彼女たちのスバラシイ歌を!
迫力ある音響で!
仲間と楽しむHAPPY PARTY!

公式サイトはこちら

12.17.2022

THE GALAXY EXPERIMENT

GALAXY_2212-06

OPEN / START
12.17.2022 

23:00

ADV / DOOR

¥2,500
25歳以下の方は¥2,000でご入場いただけます。
エントランスにて身分証明証をご提示下さい。

LINE UP

DJ
GOLPE MORTAL
TOMOHIKO SAGAE
DJ SHUFFLEMASTER

VJ HATEGRAPHICS

INFORMATION

THE GALAXY experiment、12月17日は、東北から世界へジャパニーズ・インダストリアル・テクノスタイルを2000年代初頭より発信し続ける鬼才TOMOHIKO SAGAEが遂に登場!数々のフロアー・ブレーカー・トラックが飛び出す2時間。迎え撃つは11月に2時間ヘヴィービートをドロップし続けたGOLPE MORTALが再登板!THROBBING INDUSTRIAL TECHNO NIGHT2022at渋谷区!

12.23.2022

REBOOT CHRISTMAS

318031605_570065098459915_5373625699937831696_n

OPEN / START
12.23.2022 

22:00

ADV / DOOR

¥1,500 / ¥2,500
前売り券はこちらより

LINE UP

DJ : Q’HEY, MAYURI, TAKAMI, KOMATSU, MIHONO
VJ : HATEGRAPHICS, YUSUKE TANAKA

文化庁「ARTS for the future!2」補助対象事業

主催: REBOOT

INFORMATION

■Q’HEY
レーベル「MOON AGE RECORDINGS」主宰。今年20年周年を迎えた国内最長寿テクノパーティー「REBOOT」やレーベルパーティー「MOON AGE」をオーガナイズ。現在最も信頼されている野外フェスティバル「METAMORPHOSE」及びモンスタービーチパーティー「Maniac Beach」のレジデントDJでもあり、日本のテクノシーンをリードする存在として常に最前線で活躍している。台湾、香港、中国、韓国、シンガポール、マレーシアといったアジア諸国、ベルギー、スペイン、フランス、ドイツ、オランダ、ポーランド、ルクセンブルグ等のヨーロッパ諸国でプレイする機会も多い。1998年には自身のレーベル 「MOON AGE RECORDINGS」をスタートさせ、その作品群はCARL COXやSVEN VATH、MARCO BAILEYなどシーンを支えるDJ達のプレイリストに載るなど、ワールドワイドに高く評価されている。またベルギーのレーベルMB ELEKTRONICSやスペインのPORNOGRAPHICなどからも作品をリリースし、Q’HEY + REBOOT 「ELECTRIC EYE ON ME」、Q’HEY + SHIN 「PLANETARY ALLIANCE」の2枚のアルバムをリリース。またHARDFLOORのRAMON ZENKERとのユニット「Q-RAM」としても、3枚のシングルをリリースしている。ミックスCDにおいても、3台のターンテーブルを使ったスキルをフルに発揮した「SOUND REPUBLIC」(KSR)、「REBOOT #001」(KSR)、「NYSO VOL.1 :DJ Q’HEY」(YENZO MUSIC)のいずれもが好セールスを記録。
2011年東日本大震災を受けてチャリティー・プロジェクト「BPM Japan – Be Positive by Music Japan」を設立。コンピレーション・アルバムやイベントの企画を通じての収益金を被災者への義援金として寄付する為の活動に取り組んでいる。2012年にはフジロックフェスティバル出演。2013年にはREBOOTの15周年ツアーを国内11箇所で開催。そしてJEFF MILLSのニューアルバム「WHERE LIGHT ENDS」にリミキサーとして参加。さらに日本発の新レーベル「TORQUE」からEPやリミックスのリリースを重ねた後、アルバム「CORE」をリリースし、Beatportのテクノチャートで6位に入るなど、世界的に好セールスを記録している。またインターネットラジオ局block.fmにて、毎週火曜に放送している番組「radio REBOOT」でのパーソナリティーも務めている。

■MAYURI
80年代後期4年間をイギリスで過ごし、現在のクラブミュージックシーンに重大な影響を与えた一大ムーブメント、セカンド・サマー・オブ・ラブを実体験。帰国後90年代初頭よりDJ活動を開始すると同時にパーティオーガナイズも手掛け、92年からトランスシーンの草分け「ODYSSEY」を始める。96年には伊豆山中で3日間のレイブを開催。その 後はリキッドルーム等で数々の人気パーティ、イベントを手掛けた。2000年から開催している2万人以上の動員を誇る日本最大級のオールナイト野外フェスティバル「METAMORPHOSE」のプロモーター としても知られている(現在は休止中)。
DJのレジデンツとしては、テクノのレギュラーパーティとしては異例、今年で28周年を迎える日本最長記録のテクノパーティ「REBOOT」 を始め国内外の多数のパーティでプレイ。定評のあるテクノ のスタイル他幅広くプレイしている。プロダクションサイドでは、『RED SCORPION』名義でのリリース他、ファンク・デ・ボイドのリミックス、QHEYのアルバム「ELECTRIC EYE ON ME」等に曲を提供。Mayuri& Salmon 名義でDogmatic Records よりCountercurrent EP をリリースの他、これまで4枚目のミックスCDをリリースしている。2012年にバリ島のクラブ「Pyramid」の運営・レジデンツDjとして3年間バリ島滞在を経て現在は東京にて活動中。Reboot チームとBlock FM. の火曜日の人気番組Radio Reboot にも出演中。

■TAKAMI (REBOOT / BUZZ×3)
1995年からDJを始め、現在は国内最長寿テクノパーティー「REBOOT」やアフター・アワーズの決定版「BUZZ×3」のレジデントDJとして活躍中。他、2012年6月より日本初のダンス専門インターネットラジオblock.fmにて「radio REBOOT」(第1,3,5 火曜日 22:00~)をレギュラー担当。東京を拠点にテクノやハウスなどのジャンルを問わず様々なパーティーでゲストプレイし意欲的な活動を行っており、Charlotte de Witte,Amelie Lens,THE ADVENT,CHRISTIAN SMITH,HARDFLOOR,MARCO BAILEY,FILTER HEADS,CRISTIAN VARELA,SIAN,TOMEHADES, Steve Red Head など、ワールドクラスのDJ来日時にも共演し、「TECHNO」を基調として4DECKSを駆使した独自のファンキーな選曲と安定感のあるプレイスタイルは幅広いオーディエンスやDJの間で評価が高い。また、ロック&クラブマガジン「LOUD」によるDJ人気投票「DJ 50/50」にも、2006年より連続ランクインを果たしたことから、キャリアと共にその根強い人気の高さが伺える。2002年9月には、MOON AGE RECORDINGSから初のリリースとなったデビューEP.「AGAINST THE OVERDRIVE E.P.」はQ’HEY、DJ SHUFFLEMASTER、YAMA、DJ UIROHなどから高い評価を受けた他、ドイツのクラブ誌「raveline」では5つ★の評価を得て話題を呼んだ。その後、秋葉原重工などから数多くのリリースしを重ね、そのトラックのオリジナリティーの高さからリミキサーとしても作品を提供している。

■KOMATSU(REBOOT)
ミニマルクリックパーティー『form.@WEDGE』に創設時から参加し『STC』(下北沢テクノカーニバル)では数少ないレジデントを務める。彼に対しては野外レイブや大箱からなる空間の変化にそのPLAY STYLEは左右されない。空間に漂うのはただ一点、波状する彼の『グルーヴ』である。生まれては消えゆき重なる音はミニマルに間断無く切り替わるハウスグルーヴは闇への色すら覗かせる。彼の空間に足を踏み入れた人間からの評価は圧倒的に高く音で勝負をするイベンターからの出演依頼は絶えることは無い。2010年4月より肉食系テクノパーティー『REBOOT@eleven』のMain Resident DJに抜擢される。『SOLISTA@Liquid Loft』『olso@eleven』『ReVO@歌舞伎町シネシティ広場』『tanze@solfa』『memEnTo mOri@solfa』Main Resident DJ。2011年10月より新宿歌舞伎町のど真ん中シネシティ広場で開催されている新感覚の野外テクノパーティー『ReVO』のorganizerとしても活動している。また、音楽行為において「演奏」に到達するまでのアナリーゼを様々な媒体でコミュ二ケーションする極建設的DJレーベル『form.(フォーム)』を2010年に設立。

■MIHONO
2018年にWOMBで行われた「EDC JAPAN Official After Party」にてDJデビューをし、2019年から本格的に都内を中心に活動を開始。活動して僅か半年足らずでヨーロッパ、ベルギーのクラブでGuest DJとして出演。また世界中のHard系DJ/Producerが集うオンラインフェスに日本人として出演など、国内外問わず活動している。初期はHouse,Technoを中心としていたが、現在はHardstyle,Hardcore,Hiphop,Bass musicなど、大箱のクラブからバーやレストラン等まで、幅広いジャンルで様々な現場に合わせてプレイしている。一つのジャンルに囚われないジャンルレスなプレイスタイルを得意とし、現在は自身でのイベントオーガナイズ、楽曲制作にも取り組んだりと、活動の幅を広げている。