» Latest Info.
» Archives
10.26.2018

Outskirts Route66 Screening Party

43128017_2429026277137398_5014256683220729856_n

OPEN / START
10.26.2018 

17:00~21:15

ADV / DOOR

FREE
※入場料は無料、1ドリンク制とさせていただきますので入場時にドリンクのオーダーをお願い致します。

INFORMATION

「Outskirts/アウトスカーツ」

かつてのあの道をめぐる冒険

アウトスカーツの主人公は、元プロ自転車選手のアンガス・モートン。現在彼はフィルムクリエーターとしてのキャリアを築いています。アンガス率いるフィルムプロダクションThereaboutsとラファのパートナーシップにより生まれたこのフィルムは、世界の著名な道をゆく壮大な旅路のドキュメンタリーです。

アウトスカーツ第1部となる今作の舞台は、かつて「アメリカの大動脈」とまで呼ばれ、米国初の大陸横断ハイウェイとして誕生したルート66。

アメリカの脈打つ心臓部をうねるように進むこの道は1926年に完成し、西海岸の発展を支え、現在のアメリカ合衆国の形成に大きく貢献しました。そんな歴史的なルートが、今や大きく様変わりしています。

州と州をつなぐ近代的な高速道路に取って代わられ、すっかり時代に取り残された、存在感のない道に成り果てたのです。そして道に関係なく引かれた複雑な境界線が、国を政治的に切り分ける裂け目となっています。

バイパスが通され、ところどころ分断されながらも、歴史あるルート66は今もなおその命脈を保ち続けています。両極の時代に物理的なつながりをもたらしたこの道路は、アメリカンドリームを証言する遺産でもあります。

この第1部では、シカゴからロサンゼルスまで、アンガス・モートンが3人の友人たちと自転車で旧国道をひた走ります。ちょっと違った視点からフィルムが映し取るものは、道と移りゆく景色、そしてそこに暮らす人々です。

かつての国の心臓部に、いまも郊外(アウトスカーツ)が息づいています。

———————————————-
「Outskirts Route66」の日本語字幕版の上映会を10月26日(金)に原宿Galaxyにて開催!
上映前にはYoutuberのけんたさんをお招きし「Outskirts Route66」の見所や彼なりの視点からムービーについて語っていただくトークショー、さらに会場内では「Outskirts Route66」の舞台裏を収めた写真を展示するアートショーも同時開催。

ムービーの空気をあらゆる面から感じることのできる空間となるでしょう。

今回のイベントの開催にあたりアウトスカーツのようなアドベンチャーに最適な新作のラファのウェアの展示販売も行います。
自転車を使った旅、アドベンチャーにご興味のある方はぜひご参加をお待ちしています。

FBイベントページ→https://www.facebook.com/events/1490437604433656/

10.27.2018

Breath Of Chain

43878501_1911067332264543_8054868463912484864_n

OPEN / START
10.27.2018 

19:00~23:00

ADV / DOOR

¥3,500 +1ドリンク¥700

LINE UP

Special Live act:
OSCA(from Berlin)

Live act:
Jan Urira Sas(jan and naomi)
Gai Sunya from yahyel
Black Boboi(小林うてな+julia Shortreed+ermhoi)


DJ:
yama aka sahib
turkey
& more

INFORMATION

世界中のアーティストが集まり呼吸を連鎖させるパーティー『BREATH OF CHAIN』

過去の出演はjan and naomi,yhayel, Kodäma, Julia Shortreed + Ryo Togawa, Rosa Anschütz, 吉田笙子, 小林うてな, Avila Santo、Axel Rigaud (aka Le Tarsier)、TAGGE aka KayTV
CUTSIGH×PALMECHO, Bucci’s Brew,Kenanjun,DJ 蟻, Jayda B, EMB, MOSSGREEN
Pxrxdigm.(WONK)等がその呼吸を連鎖させたパフォーマンスを魅せている。
さらに過去をさかのぼると、近藤等則,Ian Simmons,
DJ Kabuki,NXS,SOFT,FREE MAN,TERESA11,Audio Sutra Sound Crew等といったアーティスト参加しており、このタイトルBREATH OF CHAINはAUDIO SUTRA のコンピレーションアルバムからきている。

世界中のアーティストが集まり呼吸を連鎖させるパーティー『BREATH OF CHAIN』

今回はベルリンを拠点に活動する日独アヴァンギャルドポップバンドOSCAが初来日で参加。
日独ハーフのボーカルでプロデューサーの大槻幽香とキーボー ダー、マティアス・エアハルトによって2009年に結成され、後にドラマーでトランペッターのドミニク・シェーラーを加え、ジャンルを超えたスタイルを確立した。そのエネルギッシュなライブパーフォーマンスは欧州でも話題になっており、ファッションマガジンVOGUE GERMANY等でも賞讃されている。年配の方にはSiouxsie And The BansheesのSiouxsieが後に結成したThe Creaturesを彷彿させるといったら分かりやすいだろう。

そして静寂の狂気から放つ美くしいくも切ないノイズでオーディエンスをホワイトアウトさせてしまうJan Urira Sas(jan and naomi)、yahyel のボーカリストGai が新境地を模索するべくSoloで出演。
更に2018年10月17日にHot Buttered Recordよりリリースされる第三弾ODEOのメンバーでもあるJulia Shortreedが小林うてな+ermhoiと結成したBlack Boboiで出演。
DJは若手No1の選曲家Turkyと0を1にするレーベルHot Buttered Record主宰のyama aka sahib。

未来の音楽はここにある。

11.10.2018

DRAMATICS feat. tazuko vol.2

42854454_1867107986729996_1857449054871486464_n-1

OPEN / START
11.10.2018 

OPEN 18:00/1st SHOW 19:00/2nd 20:30

ADV / DOOR

¥3,000+1D

LINE UP

DRAMATICS(勝井祐二+ササキヒデアキ)feat.Tazuko

DJ:
yossy (CHA no MA m.l.)

INFORMATION

前回4月に行われた、DRAMATICS feat.tazukoのインスタレーションライブの第2弾!

‘瞬間に虚と現を行き来する映像と音とのファンタジーにダンスという身体が織り成す、この場所でしか起こりえない即興のドキュメント’

■DRAMATICS
ササキヒデアキ(映像)× 勝井祐二( Violin)
瞬間に虚と現を行き来する映像と音とのファンタジー。そして、その時にしか触れる事が出来ない即興のドキュメント。これが「DRAMATICS」という名前のイリュージョン(錯覚体験)。
ROVOをはじめ、ジャンルを超え東京の即興ライブシーンを牽引する勝井祐二と、まだVJという名称のない頃から音楽と即興的に関わって来た映像表現のパイオニア、ササキヒデアキの二人による、音と映像の即興ユニット。1994年に結成され、一旦の活動休止から2010年、実に8年ぶりに活動再開。

■tazuko
沖縄出身。己の身ひとつでなにをどこまで表現できるのか、独自の手法で心を具現化すること・時空を超えることに挑戦しつづけるベリーダンサー。2004年頃ベリーダンスの魅力に取り憑かれ、トルコ・エジプト・モロッコ・パリ・NYと海外にてベリーダンスを学ぶ。NYでAnahid Sofianに師事。80歳を過ぎてもなお踊り続ける彼女のダンサーとしての生き様に心を撃たれ、生涯の仕事としてダンサーを選ぶ。
2005年、モロッコ・マラケッシュでの初ステージを皮切りに精力的にステージを踏み、ショーダンサーとしてのキャリアをスタート。オリエンタルレストランなどでのレギュラーショーに加え、松任谷由実さんの紫綬褒章受賞記念パーティー(2013年)や、日本映画監督協会の忘年会(2014年)などの各著名人のプライベートパーティーにも数多く出演。FC琉球のフハーフタイムショーの演出(2013年)も評価された。
また、自分の身体を知ることをメインにしたレッスンは、大学生から65歳まで幅広い女性に支持されている。ベリーダンス特有のムーブメント、サークル(円)・インフィニティ(無限大)・スパイラル(螺旋)、この3つの基本となるナチュラルな動きをベースに、しなやかな身体とシンプルな動きの美しさを一緒に探究。自分の身体が愛おしくて抱きしめたくなるようなレッスン目指している。(レッスンの情報は LESSONページから。)現在、琉球テレビ朝日放送にて、隔週水曜日に「ベリーダンスでナチュラルボディメイキング」のコーナを担当。

■山元淑稀(Yossy)
3歳から近所の家にあったピアノに触れる。打楽器を佐藤正二郎・早坂雅子 両氏に師事し、音大 中退後、10 代で DJ としてキャリアをスタート。ダンサー・建築デザイナー etc を経て、2001 年に 作曲家・都志見 隆 率いる作家事務所オニオン・ブラザーズ・カンパニーに所属。
2002 年、[a day/RED] でプロデューサーとしてデビュー、以降アルバムやオムニバス LIVE、ツア ーなど多様な企画・制作に携わり、2004 年に独立。2005 年の日韓友情年には、日本・韓国の音楽 史上初となる日韓アーティスト合同アルバムの公式プロデューサーとして、その後の日韓音楽交流 に貢献した。
数々のアーティストへの楽曲提供や、映画・舞台の劇伴、TVCM 音楽など、歌ものからインスト まで様々な作品を手がけている。
Representative works:
CarpLovers+ / CARP SOURCE~ヴァイオリン・ポップス風味 ~ (プロデュース・編曲) 中西保志 / 秋日傘 (NHK 全国学校音楽コンクール 混成六部合唱用 編曲)
磯田道史 原作・脚本『直虎』 (劇伴作曲)
武 正晴 監督・足立 紳 脚本『きばいやんせ!私』(劇伴作曲 ) *2019 年全国公開予定
VR CRUISE & Oculus Gear VR オフィシャルコンテンツ『OKAZAKI SAKURA』 (作編曲) ほか

11.24.2018

​​Gina Sala Japan Tour 2018 “伝説の歌姫” ジーナ・サラー キールタンコンサート

43760582_1915241418561590_6684735997697064960_n

OPEN / START
11.24.2018 

15:00/16:00

ADV / DOOR

予約 ¥4,500
当日 ¥5,000(空きがある場合のみ)

お申し込みフォーム 
https://ssl.form-mailer.jp/fms/9719bd5b539900

LINE UP

シルク・ド・ソレイユの演目中、最も人気の高い“O(オー)”でリードシンガーを務めたキャリアを持ち、Kirtan(キルタン、キールタン)、Nada Yoga(音のヨガ)の探求者として世界を巡るGlobal Vocalist ジーナ・サラー。

大きな感動を巻き起こした昨年に続いて、11月、待望の再来日が決定いたしました。

インドで伝統的に行われてきたKirtanは、神へ捧げる歌であり、献身、親愛(バクティ)の行為です。ヨガの広がりと共に、現在は欧米をはじめ、ここ日本でも大きな注目を集めています。ジーナ・サラーは、クリシュナ・ダス、ジャイ・ウタールらと並び、もっとも著名なKirtanシンガーのひとりです。慈愛に満ちた声、その存在は、誰もを本来の自分へと導くパワーに溢れています。この貴重な機会をお見逃しなく!

INFORMATION

■お知らせ事項
​・コンサートは約二時間、ワークショップは約二時間半ほどを予定しています。
・イベント当日の受付混雑を避けるため、参加費は事前振込とさせていただいております。返信メールのご確認をお願いいたします。
・当日は床座りになりますので、敷物、クッションなどをお持ち下さい。椅子をご希望される方は備考欄にご記入下さい。
・未就学児童は無料、小学生は半額、中学生以上は一般料金でのご案内となります。特に小さなお子様をお連れの場合、泣き声などにつきまして、他のお客様へのご配慮をお願いすることがございます。あらかじめご理解をお願いいたします。


■お申し込みフォームに入れない方、その他ご質問等はこちらのメールアドレスへお送り下さい。
主催:Morning Lights Voice Therapy
Gina Sala 2018来日プログラム事務局 
ginasala2018@morning-lights.net 

FBページ https://www.facebook.com/events/477929036026628/