» Latest Info.
» Archives
04.21.2018

Offbeat rats

30689090_1635617849821205_6693376982270345216_n

OPEN / START
04.21.2018 

18:00

ADV / DOOR

¥2,000+1DRINK

LINE UP

Andy Bolus
http://evilmoisture.free.fr/

+ Miho
http://bobby.moo.free.fr/

Spor Tranquil
http://stochasticreleases.free.fr/listtapes.html

Buffalomckee
https://buffalomckee.bandcamp.com/

+ Yuki Kaneko
https://www.discogs.com/artist/2608177-Polyphonic-Parachute

+ Sekiguchi Satoru
https://satorusekiguchi.bandcamp.com

Takashima Eizo
http://www.collectifmoimoi.com/tag/feu-machin/

INFORMATION

パリ在住のイギリス人アーティスト、アンディ・ボリュスが約10年ぶりの来日。フランスのアンダーグラウンドアーティスト集団「ル・デルニエ・クリ(Le Dernier Cri)」の一員として知られる彼は、90年代初頭より多くのカセット/CD/レコード作品をリリースする一方で、そのビジュアル版ともいえるコラージュ作品やペインティング作品も発表し続けてきました。
また、国際的なノイズ・ミュージックシーンにおいては「エヴィル・モイスチャー(Evil Moisture)」名義での音楽活動を精力的に展開。サーキットベンディングにより生み出された自作ノイズマシーンを駆使しての演奏は必見・必聴。

04.22.2018

Devadasi Studio presents Spring Show ~Blossom~

29542170_1363467147116499_7799519964089596296_n

OPEN / START
04.22.2018 

19:00/19:30

ADV / DOOR

¥3,500/¥4,500

LINE UP

Dancers:
coco鮎美, Elli, JJ, Malika, Mediha, Nashaal, Yasmine, Yaliel, Yukta

INFORMATION

デバダシスタジオイストラクトレスによる
春のセレブレーション “スプリングショー~ブロッサム 開花~”開催です。

予約:3500円 (メール受付は4月15日まで。支払い期限は16日まで。)
当日:4500円 (4月15日以降は当日空きがある場合のみ当日受付可能です。)
予約・当日どちらも、会場受付にてドリンクチケット700円を購入いただきます。

また、当日フライヤーのオリジナル絵画作者 であるKyoko Aoyamaによる物販も予定しています。

<<ご予約&お支払い方法>>
ご予約は、メールでの受付となります。
(スタジオメンバーはスタジオにてご予約・お支払いいただけます。)
メールでのお申し込み受付期限は、4月15日までです。
お支払い期限は、メールでの申し込み後から1週間以内にお済ませください。
4月16日以降は、メールでの予約は受け付けられません。当日スペースがある場合のみ、会場にて当日金額をお支払いをいただきます。

一度お支払いただいた料金は、返金できません。ご了承ください。また、お席は自由席となります。

お申し込みメールアドレス:
inspire@devadasistudio.com
*件名は、Bloosom でお願いいたします。
*お申し込み名はローマ字表記で、振込者様名と同じ名前になるようお願いします。
http://devadasistudio.com/

04.28.2018

BAR GALAXY SPECIAL-LAND OF CONFUSION-

1523031969442

OPEN / START
04.28.2018 

18:00

ADV / DOOR

1,000YEN

LINE UP

DJ:
MOODMAN
TASAKA
poem (2 MUCH CREW)
panparth

LIVE:
YOMEIRI LAND

04.29.2018

NA WAY EXHIBITION 2018
〜薬物依存からの回復、そのメッセージと楽しい仲間たち〜

1522936224273-213x3001522103015259-213x300

OPEN / START
04.29.2018 

14:30

ADV / DOOR

入場無料

LINE UP

第1部(14:30〜16:00)
オープンスピーカーズミーティング

第2部(16:00〜22:00)
クラブフェロー(DJ、エイサー、ドラァグクィーンショー)

INFORMATION

問い合わせ
090-9686-8900(新宿G)

05.11.2018

BREATH OF CHAIN

30713171_1682530988451513_2707852296011644928_n

OPEN / START
05.11.2018 

19:00

ADV / DOOR

¥2,500+1Drink

LINE UP

LIVE:
Avila Santo (from LA)
Bucci’s Brew
(Bucci Tp, Takayuki Metsugi Ds, John Nakayama Key, Takahiro Hosoya Bass Yama a.k.a. Sahib Turntable 3_Diment’ ED Vj )
中村竜朗 & 東金城友洋(sax / Talkin’ side-A)

DJ:
Yama aka sahib(jazzbrothers/ASS)
MOSSGREEN
Pxrxdigm.(WONK)

INFORMATION

Hot Buttered Clubで不定期に開催されていたパーティー『BREATH OF CHAIN』毎回世界で活躍するアーティストが集まり呼吸を連鎖させた。今回はカリフォルニア州ロサンゼルスに拠点を置くミュージシャンAvila Santoが来日。彼の提唱するユニークな「アフロ・フューチャー サウンド」を是非体験して頂きたい。日本勢はベーシスト中村照夫がプロデュースしアルバムを製作中のBucci’s Brew,新進気鋭のアーティスト中村竜朗が出演。DJにはDJユニットJAZZBROTHERSで30周年を迎えたYama aka Sahibと次世代のスタンダードを地でいくMOSSGREEN、エクスペリメンタル・ソウル・バンドWONKのメンバーPxrxdigmという新旧が交差する波動を是非体感して欲しい。
未来の音楽はここにある。

■Avila Santo
カリフォルニア州ロサンゼルスに拠点を置き活動するミュージシャン、作曲家、プロデューサー、カポエリスタ、教育者。 バークリー音楽院の修士課程と スペインのバレンシアでの留学を納めた音楽修士である彼のユニークな「アフロ・フューチャー」スタイルは、伝統的なアフリカ・ディアスポラック・ドラム、カントーレ、カポエイラ、ブルースに根ざしている。 彼の音楽ポートフォリオは、ヒップホップ、ジャズ、エレクトロニック、アフロラテンのオルタナティブブレンドを通して表現される。 2016年、彼はロサンゼルス文化省のアーティスト・イン・レジデンスに認め、さらに活動の幅を広げている。

05.12.2018

INOYAMALAND COLLECTING NET /
Music for Myxomycetes RELEASE LIVE

180512_Inoyamaland-01-2

OPEN / START
05.12.2018 

18:00/19:00

ADV / DOOR

¥3,000 with 1D

LINE UP

LIVE: INOYAMALAND(井上誠/山下康)

DJ: FROZEN ELECTRONIC WAVE(永田一直/リョウアライ/小暮秀夫/谷田部慎一)

INFORMATION

■INOYAMALAND(イノヤマランド)
1977年夏、山下康と井上誠は巻上公一のプロデュースする前衛劇の音楽制作のために出会い、メロトロンとシンセサイザー主体の作品を制作する。この音楽ユニットは山下康によってヒカシューと名付けられた。ヒカシューは同年秋からエレクトロニクスと民族楽器の混在する即興演奏グループとして活動を始めた後、1978年秋からは巻上公一(B,Vo)、海珠正道(G)らが参入、リズムボックスを使ったテクノポップ、エレクトロ・パンクバンドとして1979年にメジャーデビューした。1982年以降、井上はヒカシューの活動と並行して山下と2人のシンセサイザー・ユニット、イノヤマランドを結成する。1983年にYMOの細野晴臣プロデュースによりALFA/YEN RECORDSより1stアルバム『DANZINDAN-POJIDON』をリリース。その後、各地の博覧会、博物館、国際競技場、テーマパーク、大規模商業施設などの環境音楽の制作を行いながら、1997年にCrescentより2ndアルバム『INOYAMALAND』、1998年にはExT Recordingsの前身にあたるテクノレーベルTRANSONIC RECORDSより3rdアルバム『Music for Myxomycetes(変形菌のための音楽)』をリリース。10数年振りとなるライブも行った。2018年にはグループ結成のきっかけとなった1977年の前衛劇のオリジナル・サウンドトラック『COLLECTING NET』をリリース。また、近年では1stをはじめとする各アルバムが海外のDJ、コレクターの間で高値で取引され、多数の海外レーベルよりライセンスのオファーが相次ぎ、ポートランドのアンビエントデュオVisible CloaksのSpencer Doranをはじめ、カナダのシンガーソングライターMaylee ToddはVOGUE JAPANのインタビューでフェイバリットにイノヤマランドを挙げるなど世界的な再評価が高まっている。

主催 ExT Recordings
http://extrecordings.blogspot.jp