» Latest Info.
» Archives
12.29.2018 - 12.30.2018

『伯林漂流(Berlin Drifters)』再上映&関連企画上映

Dieq28lUwAAEdKR

OPEN / START
12.29.2018 - 12.30.2018 
LINE UP

*全ての作品に英語字幕が付いています。 
All films will be screened with English subtitles.

12月29日(土)

[R-18+] 11:00~13:03

伯林漂流(Berlin Drifters)』1,800円

[R-18+] 13:50~15:28

すべすべの秘法(The Secret to My Silky Skin)』+『TOUCH OF THE OTHER』1,500円 

[R-18+] 16:30~18:16

家族コンプリート(The Family Complete)』1,500円

上映後トーク:たけださとし(「歌のフリーマーケット」ポッドキャスター)

[R-18+] 19:30~21:33

伯林漂流(Berlin Drifters)』 1,800円 

上映後トーク:田亀源五郎(脚本)+岩佐浩樹(音楽ほか) 


12月30日(日)

[R-15+]10:00~11:33

憚り天使(Angel in the Toilet)』+『Queer Boys and Girls on the SHINKANSEN』1,000円


[R-15+] 12:00~13:22

NAUGHTY BOYS』+『Let’s Dance with SNACKY!』1,000円


[R-18+]14:00~16:03

伯林漂流(Berlin Drifters)』1,800円

上映後トーク:福間健二(詩人・映画監督)+福間恵子(プロデューサー)

[R-15+] 17:15~18:51

初戀(First Love)』1,000円


[R-18+]19:30~21:33

伯林漂流(Berlin Drifters)』 1,800円 
上映後トーク:佐藤未光(出演)+田口弘樹(撮影/写真)+岸田光明(ゲイバー’Bridge’マスター)

INFORMATION

*上映プログラム及び来場ゲストは変更となる可能性があります。
・開場は上映開始時間の20分前を予定しています(入場は先着順。)
[R-18+] マークの付いたプログラムは18歳以上入場可能。
[R-15+] マークの付いたプログラムは15歳以上入場可能。
年齢を証明できるものをご持参ください。
・各回とも完全入れ替え制で当日券のみ、チケットの予約は承れません。
・12/29(土)の1日券:4,000円(『伯林漂流』は1回のみ入場可)
・12/30(日)の1日券:4,000円(『伯林漂流』は1回のみ入場可)
・全作品を観られる2日券:6,000円(『伯林漂流』は1回のみ入場可)
・障害者手帳をご提示の方はどの回も1,000円(付添割引はありません)
・全ての上映後トークには今泉浩一も登壇します。

・期間中会場にて旧作DVDほか、『伯林漂流』関連商品を限定販売予定

http://www.shiroari.com/habakari/Tokyo_BerlinDrifters201812.html

12.27.2018

BAR GALAXY
YEAR END SPECIAL

BAR GALAXY1.5

OPEN / START
12.27.2018 

23:00

ADV / DOOR

ENTRANCE FREE(1ST DRINK 1,000 YEN)

LINE UP
756b-8450-4fcc-b8a5-db030ed2ceed
GUEST DJ:
Narumi Herisson (Tristesse Contemporaine / PARIS)

 

DJ:
m.y.k.
PUNKADELIX
GALBITCH(TECHNIQUE)

 

Host:
YOSHiKO CREATION
INFORMATION
個性豊かなセレクター陣を迎え銀河系で開催中のBAR GALAXY、
12月のYear End Specialとしてフランスのエレクトロニックミュージックシーンを代表するレーベル”Record Makers”からリリースを重ねる3ピースユニットTristesse Contemporaineの1人であり、Janne Addedのツアーメンバーとしても世界中を駆け回るアーティスト、キーボーディストのNarumiを迎え開催します。
独自の審美眼を持つDJとしても活動しており、日本ではAcne Studiosのオープンニングにゲストとしても来日。
彼女の音楽に共鳴する、国内のDJ達と共に年内最後のBAR GALAXYを是非お楽しみください。
————————-
■PUNKADELIX
学生時代より東京そして滞在していたニューヨークでレコードを買い集めるようになりDJとしてのキャリアをスタート。テクノ・ハウスミュージックをベースに独自の”ダーク&ポップ”サウンドを展開し、国内外のクラブからカルチャーシーンまでオファーが絶えず様々な分野において活動している。’12年、PUNKADELIXとしてオリジナル楽曲を含むオフィシャル・ミックスアルバム「ELECTRONIK BEAT PUNK」をリリース。また、ヴィジュアルと音による実験的なインスタレーションやファッションショーの音源制作などコラボレーションワークも多数手がけている。現在レジデントとしてContactで開催されている”MOTORPOOL”に参加している。’16年より新たなプロジェクト”MAYUDEPTH”名義での楽曲制作を始動し、日本テクノサウンドのイノベイター、DJ SHUFFLEMASTER主宰のレーベル”四季協会”よりリミックス作品を2タイトル、2018年1月にはMAYUDEPTHとして初のEP、”Sneakpeek”をリリース。Ben Sims、Ellen Allien、Robert Dietz、Ken Ishiiなど国内外のトップアクト達からもサポートされ多くのアーティストがプレイ。時代やシーンにとらわれず常にオープンな姿勢でエレクトロニック・ミュージックを探求し続けている。
12.22.2018

TTT

TTT_1222

OPEN / START
12.22.2018 

OPEN18:30 / START 19:30

ADV / DOOR

¥2,000(+1D)

LINE UP
たこボーband
たこボー(vo,g) アキラファイヤー(g) 岡田哲(b) 山本将弘(ds)
DBS³
ハラ☆タカシ(g) 大橋とおる(b) 福島紀明(ds)
タローズ
山下太郎(vo,g) 佐々木遥(key,syn-b) シラコヒロアキ(perc.) 中村憲司(ds)
INFORMATION
DBS³
山下太郎(タローズ)
※ご予約は各出演者までお願いいたします。
12.18.2018

TTK100 先行上映会&トークショー

cover-UVz8baByFU9V9ZzXtEAB2TpjIPlt6830

OPEN / START
12.18.2018 

19:00

ADV / DOOR

¥1,500

INFORMATION

ウルトラランナー井原知一氏、45本目の100mile“TTK100”を
彼はなぜ100マイルを100回走ろうとしているのか。
ポッドキャストでは語り切れない物語。

Vimeoでの配信に先駆けて公開します。
当日は井原知一氏JR田中氏とのトークショーも予定。

 

主催 Answer4

https://answer-4.com/

12.16.2018

銀河系の夕べ vol.7

21192239_1398404866946693_4485034052739219842_n

OPEN / START
12.16.2018 

17:30

ADV / DOOR

¥2,000 w/1D

LINE UP

LIVE:
dejima
明前一門

BELLYDANCE:
Khalida
Erika
Veittika
Zahrah(Hiroka)
Asami
Jophiella(Meg)
Memi

INFORMATION

■dejima
2005年前後に結成、ダブやエレクトロニカなどの要素を取り入れた楽曲で都内を中心にライブ活動を行う。現在はジャンルの幅を広げることで、ラテン、レゲエ、ブルースなどを基調としたポストロックバンドとして活動中。

■明前一門
オルガンとウッドベースとテルミン&ボンゴという唯一の編成による、カオスなハーモニーで太陽系を汚染中の三人組。
独特なセンスでトラックを作製し、そこに唄とオルガンと日常を乗せる、明前レドル。
その上からグルーヴとストーリーをウッドベースで乗せる、明前カロム。
テルミンやボンゴでそれらに彩りを与え特別な時間に仕上げる明前ぼん子。
そんな三人が着物を着て怠惰を撒き散らかしながら繰り広げるユニットが「明前一門」である。
ちなみに2120年には、ローリングストーン誌における「木星でよく聞かれているアーティストbest50」にも選出されている。

https://soundcloud.com/myouzen1mon/demo-1

12.16.2018

キットチャンネル「キット・・・平成ラストイベント」

2e53b780cbda9933aada51c1cd8c04b5_61cd07421622b4a0cbcccb4bc6f70250

OPEN / START
12.16.2018 

13:00/13:30

ADV / DOOR

¥2,500

https://t.pia.jp/pia/event/event.do?eventCd=1851727

LINE UP

キットチャンネル

INFORMATION

キットチャンネルが皆さんの街に会いに行きます!

平成最後の冬をキットチャンネルと過ごしませんか?

来場者全員にイベントオリジナルステッカー配布、

イベント会場ではチェキ会やサイン付のオリジナルグッズを販売し、

スペシャルゲストが登場する会場もあるとかないとか!?

12.15.2018

[ AND + ]

ANDMAS-フライヤーFB

OPEN / START
12.15.2018 

18:00~23:00

ADV / DOOR

入場無料

LINE UP

ARTIST:
MIGUEL BLANCAS ( LEATHER CREATOR )
dépaysement works ( FRASCO )
=(YSK)= ( LASER 光学機動隊 Shinovi ) 
LEATHERECTION( DEER PROJECT )
JUICE( Eyelash Salon )

DJ:
KATIE SE7EN ( Deeep! / SUNNY ) 
YEARTH ( BRIGHTSIDE / YABITO )
KENJI OKANO ( BLACKSHIP / SUNNY )

ANDMAS-フライヤー裏四角アーティストANDMAS-フライヤー裏四角dj

INFORMATION

Andmas Art&Music Installation vol.1

ギャラリーでのみ開催されるインスタレーション形式の
アート×ミュージックイベント
複数のアーティストとコラボ、
インスタレーションで空間を演出、
作品を発表。そして良質な音を提供し
ギャラリーの真っ白な空間で
アートとミュージックを
融合させるのがAND+


第一線で活躍している様々なアーティスト、クリエイターによるクロスオーバーなパーティー。

完全招待制のイベントとなります。
ご来場の際は必ずお名前とINVITATIONをお見せ下さい。

12.14.2018

ainʼt yet anywhere – Launch Event

d39779-1-678072-3

OPEN / START
12.14.2018 

18:00~22:00

LINE UP

出演:DJ SOULJAH / DJ Yoshihiro Sakurai

INFORMATION

イタリアンクラシコのウェアに限られていた手法をストリートというスパイスと共に落とし込んだアパレルを展開する〈ainʼt yet anywhere〉がローンチ。

http://aintyet.jp/

当日は1stシーズンのニットコレクションに加え、Tシャツ3型の先行販売も実施。イベントでの先行販売後は店頭販売を行わず、オンラインのみでの限定展開。

※どなたでも来場可能。来場が集中した場合、状況に応じて整理券配布。

12.08.2018

25th Anniversary of Maniac Love PROGRAM 2

46352953_1916134761815914_5401570992818487296_n

OPEN / START
12.08.2018 

22:00 – 8:00 

ADV / DOOR

ADMISSION ¥3,000

AFTER HOURS (AFTER 5AM) ¥1,500 w/FREE COFFEE

LINE UP

【ML PROGRAM 2】
KEN ISHII
Q’HEY
MAYURI
TAKAMI
DR.SHINGO
TOBY
YO-C

INFORMATION

2018年はMANIAC LOVEの誕生から25年目を迎えます。
節目として今もなお活躍し続けているMLアーティストと共にささやかながら25周年記念パーティーを開催いたします。

■MANIAC LOVE マニアックラブ
1993 ‒ 2005

‘93 年 12 月オープン。当時、大型クラブ、ディスコ全盛期で、サウンド的にもニューヨークからのガラージ・ハウスが大 きな勢力を持っていた時代、それに対し「マニアックラブ」は小箱ながらもテクノを中心としたエレクトロニック・ミュージッ クをサウンドの核として、ハウス、ブレイクビーツ、ドラムンベースなどのダンス・ミュージックを強力に打ち出した。テ クノのレジデント・パーティーや昼までパーティーが続く After Hours のレギュラー化、内装も真っ白という今までになかっ た新しいスタイルをいち早く取り入れ話題を呼ぶ。 また、メディアを一切拒否し、店の存在が口コミで広がったこともあり、まさに知る人ぞ知るクラブとして絶大な支持を得 ることとなる。
DJ からの支持も高く「安息の地」として多くのアーティストが遊びに訪れることでも知られ、通常ならば大規模な公演でし か見ることのでいないトップ・アーティストがあえて小さな「マニアックラブ」を指定してプレイしたり、時には飛び入り で参加することもよくみられた。
多くの著名 DJ がこぞってプレイしたがった「マニアックラブ」は、本当の意味でシーンとリンクし、DJ やアーティストと ともに前進してきたからであり、その道のりは、東京のテクノ・シーンの生き写しともいえるものだった。
‘99 年、イギリスの代表的クラブ・ミュージック・マガジン「MUZIK」誌の選ぶ「21 世紀の世界ベスト・クラブ 21」に、 世界各地の強豪クラブに並んで国内では唯一「マニアックラブ」がランクインされ、当時としては国内初の快挙を遂げる。
 ’02年末、マニアックラブ9周年を記念し、国内外マニアックラブ所属アーティストのオリジナル曲全16曲を収録したコンピレーション・アルバム “Maniac Love Presents JOURNEY INTO THE SOUND” (Sublime Records/IDCR-1002) をリリース。
 また’03年には鎌倉/由比ガ浜海岸に本格的なクラブ・サウンドを持ち込んだビーチ・パーティー「Maniac Beach」をスタートさせ、毎年4,000人もの動員を誇るモンスター・パーティーとなる。夏のビーチ・パーティーの先駆けとなりムーヴメントを創り出した。

日本のクラブを語る上で欠かすことの出来ない世界に誇る小さなクラブは、DJ を目指す若者にとって憧れのクラブであり、 まさに「聖地」であった。 12 周年を迎えた ‘05 年 12 月 3 日、惜しまれながらその歴史に幕を下ろす。

12.07.2018

Liza Colby Sound Live in Tokyo

45058467_2574132955946624_1331450169681510400_n-1

OPEN / START
12.07.2018 

OPEN 17:00

ADV / DOOR

前売り:¥3600(+1D)
当日:¥4000(+1D)
https://t.livepocket.jp/e/9vw31  

LINE UP

LIVE:
The 5678’s
The Liza Colby Sound
The Jungles

DJ:
Kasumi Psycho

INFORMATION

Wendigo Productions NY プレゼンツ
ライザ・コルビー・サウンド(From NY)東京初公演記念ギグ!
出演バンド:
The 5.6.7.8′s Official
The Liza Colby Sound
The jungles

DJ:
Kasumi Psycho

+シークレット・スペシャル・ゲスト!!!!!


ライブ前には、日本未公開インディー・ロック・フィルム、Dean Dempsey 監督 “CANDY APPLE”(78分)のプレミアム上映会を行います。
トレイラーはこちらから
https://www.youtube.com/watch?v=eCg2EIF2YmQ
一枚のチケットで、映画上映、ライブ共にお楽しみいただけます。
■タイムテーブル
17:00 ドアオープン
17:30-18:50 ”CANDY APPLE” 映画上映
19:00 DJスタート
19:30 ライブスタート
■FBページ
https://www.facebook.com/events/184740355754501/

12.01.2018

25th Anniversary of Maniac Love PROGRAM 1

46352953_1916134761815914_5401570992818487296_n

OPEN / START
12.01.2018 

 22:00 – 8:00 

ADV / DOOR

ADMISSION ¥3,000

AFTER HOURS (AFTER 5AM) ¥1,500 w/FREE COFFEE

LINE UP

【ML PROGRAM 1】
CO-FUSION (DJ WADA + HEIGO TANI)
DJ SHUFFLEMASTER
A.MOCHI
OSAMU M
DSKE
DJ YAMA
SHINKAWA

INFORMATION

2018年はMANIAC LOVEの誕生から25年目を迎えます。
節目として今もなお活躍し続けているMLアーティストと共にささやかながら25周年記念パーティーを開催いたします。

 

■MANIAC LOVE マニアックラブ
1993 ‒ 2005

‘93 年 12 月オープン。当時、大型クラブ、ディスコ全盛期で、サウンド的にもニューヨークからのガラージ・ハウスが大 きな勢力を持っていた時代、それに対し「マニアックラブ」は小箱ながらもテクノを中心としたエレクトロニック・ミュージッ クをサウンドの核として、ハウス、ブレイクビーツ、ドラムンベースなどのダンス・ミュージックを強力に打ち出した。テ クノのレジデント・パーティーや昼までパーティーが続く After Hours のレギュラー化、内装も真っ白という今までになかっ た新しいスタイルをいち早く取り入れ話題を呼ぶ。 また、メディアを一切拒否し、店の存在が口コミで広がったこともあり、まさに知る人ぞ知るクラブとして絶大な支持を得 ることとなる。
DJ からの支持も高く「安息の地」として多くのアーティストが遊びに訪れることでも知られ、通常ならば大規模な公演でし か見ることのでいないトップ・アーティストがあえて小さな「マニアックラブ」を指定してプレイしたり、時には飛び入り で参加することもよくみられた。
多くの著名 DJ がこぞってプレイしたがった「マニアックラブ」は、本当の意味でシーンとリンクし、DJ やアーティストと ともに前進してきたからであり、その道のりは、東京のテクノ・シーンの生き写しともいえるものだった。
‘99 年、イギリスの代表的クラブ・ミュージック・マガジン「MUZIK」誌の選ぶ「21 世紀の世界ベスト・クラブ 21」に、 世界各地の強豪クラブに並んで国内では唯一「マニアックラブ」がランクインされ、当時としては国内初の快挙を遂げる。
 ’02年末、マニアックラブ9周年を記念し、国内外マニアックラブ所属アーティストのオリジナル曲全16曲を収録したコンピレーション・アルバム “Maniac Love Presents JOURNEY INTO THE SOUND” (Sublime Records/IDCR-1002) をリリース。
 また’03年には鎌倉/由比ガ浜海岸に本格的なクラブ・サウンドを持ち込んだビーチ・パーティー「Maniac Beach」をスタートさせ、毎年4,000人もの動員を誇るモンスター・パーティーとなる。夏のビーチ・パーティーの先駆けとなりムーヴメントを創り出した。

日本のクラブを語る上で欠かすことの出来ない世界に誇る小さなクラブは、DJ を目指す若者にとって憧れのクラブであり、 まさに「聖地」であった。 12 周年を迎えた ‘05 年 12 月 3 日、惜しまれながらその歴史に幕を下ろす。

11.24.2018

​​Gina Sala Japan Tour 2018 “伝説の歌姫” ジーナ・サラー キールタンコンサート

43760582_1915241418561590_6684735997697064960_n

OPEN / START
11.24.2018 

15:00/16:00

ADV / DOOR

予約 ¥4,500
当日 ¥5,000(空きがある場合のみ)

お申し込みフォーム 
https://ssl.form-mailer.jp/fms/9719bd5b539900

LINE UP

シルク・ド・ソレイユの演目中、最も人気の高い“O(オー)”でリードシンガーを務めたキャリアを持ち、Kirtan(キルタン、キールタン)、Nada Yoga(音のヨガ)の探求者として世界を巡るGlobal Vocalist ジーナ・サラー。

大きな感動を巻き起こした昨年に続いて、11月、待望の再来日が決定いたしました。

インドで伝統的に行われてきたKirtanは、神へ捧げる歌であり、献身、親愛(バクティ)の行為です。ヨガの広がりと共に、現在は欧米をはじめ、ここ日本でも大きな注目を集めています。ジーナ・サラーは、クリシュナ・ダス、ジャイ・ウタールらと並び、もっとも著名なKirtanシンガーのひとりです。慈愛に満ちた声、その存在は、誰もを本来の自分へと導くパワーに溢れています。この貴重な機会をお見逃しなく!

INFORMATION

■お知らせ事項
​・コンサートは約二時間、ワークショップは約二時間半ほどを予定しています。
・イベント当日の受付混雑を避けるため、参加費は事前振込とさせていただいております。返信メールのご確認をお願いいたします。
・当日は床座りになりますので、敷物、クッションなどをお持ち下さい。椅子をご希望される方は備考欄にご記入下さい。
・未就学児童は無料、小学生は半額、中学生以上は一般料金でのご案内となります。特に小さなお子様をお連れの場合、泣き声などにつきまして、他のお客様へのご配慮をお願いすることがございます。あらかじめご理解をお願いいたします。


■お申し込みフォームに入れない方、その他ご質問等はこちらのメールアドレスへお送り下さい。
主催:Morning Lights Voice Therapy
Gina Sala 2018来日プログラム事務局 
ginasala2018@morning-lights.net 

FBページ https://www.facebook.com/events/477929036026628/

11.21.2018

『極限力』スペシャルトークイベント
~山岳ランニングのトップアスリートが限界の突破口“極限力”を解き明かす~

unnamed-1

OPEN / START
11.21.2018 

19:00~21:00

ADV / DOOR

¥2,000

LINE UP

トークゲスト:井原知一、丹羽薫

INFORMATION

■定員:150名(先着)
■特典:会場価格にて『極限力~Beyond Self~』を50冊限定発売
サロモン ボールペン&ステッカー配布予定

■応募フォーム:https://goo.gl/forms/aU9J8k5trgDIKy0y1

問:ランニングスタイル編集部 080-4337-3814 runningstyle@ei-publishing.co.jp

11.17.2018

BAR GALAXY

BAR GALAXY14

OPEN / START
11.17.2018 

18:00~23:00

ADV / DOOR

1ST DRINK 1,000 YEN

LINE UP

DJ:
DJ TASAKA
1-Drink
panparth

INFORMATION

■DJ TASAKA
1974年、東京都生まれ。中学生の頃にヒップホップに出会い、ターンテーブルとミキサーを手に入れる。18歳になってから本格的にクラブでのDJをはじめ、その頃ダンスミュージックとしてのテクノに多大な影響を受ける。2001年にDJミックスCD「LOOPA MIX mixed by DJ TASAKA」をリリース。同年、ドイツ屋内レイヴMAYDAYに出演。2002年にはファーストアルバム「PASSPORT FOR DISCO」をリリース。その他に数々のリミックスとプロデュースを手掛けるなど幅広く活躍。2005年夏には、全て自身のオリジナルトラックを使ってライヴミックスしたアルバム「GO DJ」をリリース。2006年にはアルファとのユニット、アルファ&DJ Tasakaのアルバム「ホットカプセル」や、KagamiとのユニットDisco Twinsのアルバム「TWINS DISCO」をリリース。2009年7月ソロアルバム「Soul Clap」をリリース。WIRE10やSUMMER SONIC、RISING SUN ROCK FESTIVALなどでライヴセットを披露した。2010年にはドイツのMuller Recordsからもヨーロッパ盤「Soul Clap」がリリース。2011年には変名でドイツのKICKBOXERよりリリースしたniconeとの共作が話題に。2012年にはベルリンのmoensterboxより新作がリリースされた。2013年にはSugiurumnが立ち上げたBASSWORKS RECORDINGSよりEPを2タイトルリリース。2015年7月、自身の立ち上げたレーベルUpRight Rec.からアルバム「UpRight」をリリースした。

■1-Drink

Disco, House, Techno, Bassの境界を彷徨いながら現在にいたる。Abe Shuheiとのプロジェクト”JAYPEG”を経て現在は個人活動中。ときどき街の片隅をにぎわせている。

■panparth

DJ。地図とか年表を見るのが好き。

11.10.2018

DRAMATICS feat. tazuko vol.2

42854454_1867107986729996_1857449054871486464_n-1

OPEN / START
11.10.2018 

OPEN 18:00/1st SHOW 19:00/2nd 20:30

ADV / DOOR

¥3,000+1D

LINE UP

DRAMATICS(勝井祐二+ササキヒデアキ)feat.Tazuko

DJ:
yossy (CHA no MA m.l.)

INFORMATION

前回4月に行われた、DRAMATICS feat.tazukoのインスタレーションライブの第2弾!

‘瞬間に虚と現を行き来する映像と音とのファンタジーにダンスという身体が織り成す、この場所でしか起こりえない即興のドキュメント’

■DRAMATICS
ササキヒデアキ(映像)× 勝井祐二( Violin)
瞬間に虚と現を行き来する映像と音とのファンタジー。そして、その時にしか触れる事が出来ない即興のドキュメント。これが「DRAMATICS」という名前のイリュージョン(錯覚体験)。
ROVOをはじめ、ジャンルを超え東京の即興ライブシーンを牽引する勝井祐二と、まだVJという名称のない頃から音楽と即興的に関わって来た映像表現のパイオニア、ササキヒデアキの二人による、音と映像の即興ユニット。1994年に結成され、一旦の活動休止から2010年、実に8年ぶりに活動再開。

■tazuko
沖縄出身。己の身ひとつでなにをどこまで表現できるのか、独自の手法で心を具現化すること・時空を超えることに挑戦しつづけるベリーダンサー。2004年頃ベリーダンスの魅力に取り憑かれ、トルコ・エジプト・モロッコ・パリ・NYと海外にてベリーダンスを学ぶ。NYでAnahid Sofianに師事。80歳を過ぎてもなお踊り続ける彼女のダンサーとしての生き様に心を撃たれ、生涯の仕事としてダンサーを選ぶ。
2005年、モロッコ・マラケッシュでの初ステージを皮切りに精力的にステージを踏み、ショーダンサーとしてのキャリアをスタート。オリエンタルレストランなどでのレギュラーショーに加え、松任谷由実さんの紫綬褒章受賞記念パーティー(2013年)や、日本映画監督協会の忘年会(2014年)などの各著名人のプライベートパーティーにも数多く出演。FC琉球のフハーフタイムショーの演出(2013年)も評価された。
また、自分の身体を知ることをメインにしたレッスンは、大学生から65歳まで幅広い女性に支持されている。ベリーダンス特有のムーブメント、サークル(円)・インフィニティ(無限大)・スパイラル(螺旋)、この3つの基本となるナチュラルな動きをベースに、しなやかな身体とシンプルな動きの美しさを一緒に探究。自分の身体が愛おしくて抱きしめたくなるようなレッスン目指している。(レッスンの情報は LESSONページから。)現在、琉球テレビ朝日放送にて、隔週水曜日に「ベリーダンスでナチュラルボディメイキング」のコーナを担当。

■山元淑稀(Yossy)
3歳から近所の家にあったピアノに触れる。打楽器を佐藤正二郎・早坂雅子 両氏に師事し、音大 中退後、10 代で DJ としてキャリアをスタート。ダンサー・建築デザイナー etc を経て、2001 年に 作曲家・都志見 隆 率いる作家事務所オニオン・ブラザーズ・カンパニーに所属。
2002 年、[a day/RED] でプロデューサーとしてデビュー、以降アルバムやオムニバス LIVE、ツア ーなど多様な企画・制作に携わり、2004 年に独立。2005 年の日韓友情年には、日本・韓国の音楽 史上初となる日韓アーティスト合同アルバムの公式プロデューサーとして、その後の日韓音楽交流 に貢献した。
数々のアーティストへの楽曲提供や、映画・舞台の劇伴、TVCM 音楽など、歌ものからインスト まで様々な作品を手がけている。
Representative works:
CarpLovers+ / CARP SOURCE~ヴァイオリン・ポップス風味 ~ (プロデュース・編曲) 中西保志 / 秋日傘 (NHK 全国学校音楽コンクール 混成六部合唱用 編曲)
磯田道史 原作・脚本『直虎』 (劇伴作曲)
武 正晴 監督・足立 紳 脚本『きばいやんせ!私』(劇伴作曲 ) *2019 年全国公開予定
VR CRUISE & Oculus Gear VR オフィシャルコンテンツ『OKAZAKI SAKURA』 (作編曲) ほか

10.27.2018

Breath Of Chain

43878501_1911067332264543_8054868463912484864_n

OPEN / START
10.27.2018 

19:00~23:00

ADV / DOOR

¥3,500 +1ドリンク¥700

LINE UP

Special Live act:
OSCA(from Berlin)

Live act:
Jan Urira Sas(jan and naomi)
Gai Sunya from yahyel
Black Boboi(小林うてな+julia Shortreed+ermhoi)


DJ:
yama aka sahib
turkey
& more

INFORMATION

世界中のアーティストが集まり呼吸を連鎖させるパーティー『BREATH OF CHAIN』

過去の出演はjan and naomi,yhayel, Kodäma, Julia Shortreed + Ryo Togawa, Rosa Anschütz, 吉田笙子, 小林うてな, Avila Santo、Axel Rigaud (aka Le Tarsier)、TAGGE aka KayTV
CUTSIGH×PALMECHO, Bucci’s Brew,Kenanjun,DJ 蟻, Jayda B, EMB, MOSSGREEN
Pxrxdigm.(WONK)等がその呼吸を連鎖させたパフォーマンスを魅せている。
さらに過去をさかのぼると、近藤等則,Ian Simmons,
DJ Kabuki,NXS,SOFT,FREE MAN,TERESA11,Audio Sutra Sound Crew等といったアーティスト参加しており、このタイトルBREATH OF CHAINはAUDIO SUTRA のコンピレーションアルバムからきている。

世界中のアーティストが集まり呼吸を連鎖させるパーティー『BREATH OF CHAIN』

今回はベルリンを拠点に活動する日独アヴァンギャルドポップバンドOSCAが初来日で参加。
日独ハーフのボーカルでプロデューサーの大槻幽香とキーボー ダー、マティアス・エアハルトによって2009年に結成され、後にドラマーでトランペッターのドミニク・シェーラーを加え、ジャンルを超えたスタイルを確立した。そのエネルギッシュなライブパーフォーマンスは欧州でも話題になっており、ファッションマガジンVOGUE GERMANY等でも賞讃されている。年配の方にはSiouxsie And The BansheesのSiouxsieが後に結成したThe Creaturesを彷彿させるといったら分かりやすいだろう。

そして静寂の狂気から放つ美くしいくも切ないノイズでオーディエンスをホワイトアウトさせてしまうJan Urira Sas(jan and naomi)、yahyel のボーカリストGai が新境地を模索するべくSoloで出演。
更に2018年10月17日にHot Buttered Recordよりリリースされる第三弾ODEOのメンバーでもあるJulia Shortreedが小林うてな+ermhoiと結成したBlack Boboiで出演。
DJは若手No1の選曲家Turkyと0を1にするレーベルHot Buttered Record主宰のyama aka sahib。

未来の音楽はここにある。

10.26.2018

Outskirts Route66 Screening Party

43128017_2429026277137398_5014256683220729856_n

OPEN / START
10.26.2018 

17:00~21:15

ADV / DOOR

FREE
※入場料は無料、1ドリンク制とさせていただきますので入場時にドリンクのオーダーをお願い致します。

INFORMATION

「Outskirts/アウトスカーツ」

かつてのあの道をめぐる冒険

アウトスカーツの主人公は、元プロ自転車選手のアンガス・モートン。現在彼はフィルムクリエーターとしてのキャリアを築いています。アンガス率いるフィルムプロダクションThereaboutsとラファのパートナーシップにより生まれたこのフィルムは、世界の著名な道をゆく壮大な旅路のドキュメンタリーです。

アウトスカーツ第1部となる今作の舞台は、かつて「アメリカの大動脈」とまで呼ばれ、米国初の大陸横断ハイウェイとして誕生したルート66。

アメリカの脈打つ心臓部をうねるように進むこの道は1926年に完成し、西海岸の発展を支え、現在のアメリカ合衆国の形成に大きく貢献しました。そんな歴史的なルートが、今や大きく様変わりしています。

州と州をつなぐ近代的な高速道路に取って代わられ、すっかり時代に取り残された、存在感のない道に成り果てたのです。そして道に関係なく引かれた複雑な境界線が、国を政治的に切り分ける裂け目となっています。

バイパスが通され、ところどころ分断されながらも、歴史あるルート66は今もなおその命脈を保ち続けています。両極の時代に物理的なつながりをもたらしたこの道路は、アメリカンドリームを証言する遺産でもあります。

この第1部では、シカゴからロサンゼルスまで、アンガス・モートンが3人の友人たちと自転車で旧国道をひた走ります。ちょっと違った視点からフィルムが映し取るものは、道と移りゆく景色、そしてそこに暮らす人々です。

かつての国の心臓部に、いまも郊外(アウトスカーツ)が息づいています。

———————————————-
「Outskirts Route66」の日本語字幕版の上映会を10月26日(金)に原宿Galaxyにて開催!
上映前にはYoutuberのけんたさんをお招きし「Outskirts Route66」の見所や彼なりの視点からムービーについて語っていただくトークショー、さらに会場内では「Outskirts Route66」の舞台裏を収めた写真を展示するアートショーも同時開催。

ムービーの空気をあらゆる面から感じることのできる空間となるでしょう。

今回のイベントの開催にあたりアウトスカーツのようなアドベンチャーに最適な新作のラファのウェアの展示販売も行います。
自転車を使った旅、アドベンチャーにご興味のある方はぜひご参加をお待ちしています。

FBイベントページ→https://www.facebook.com/events/1490437604433656/

10.14.2018

“Golden Remedy”tour

Nanaco Riki Hidaka_flyer_omote

OPEN / START
10.14.2018 

18:00/19:00

ADV / DOOR

前売 ¥3,800 (ドリンク代別 ¥700)

■チケット発売日:2018年 8月25日(土)
e+(イープラス)e+(イープラス)予約ページ
メール予約 http://www.thegalaxy.jp/contact/
※スペシャルチケット希望と書き添えて頂いた方には当日スペシャルチケットをお渡しいたします。
主催:Golden Remedy

LINE UP

佐藤奈々子 (Vo.) / 日高理樹 (Gu.) / 外川良 (Gu.)

special guest:
長田進(Gu.) / Jesse Paris Smith(Key.) / Rebecca Foon(Vc.)

Nanaco Riki Hidaka_flyer_ura

INFORMATION

2018年6月20日にNanaco + Riki Hidaka名義によるアルバム『Golden Remedy』をリリースしたシンガーソングライター佐藤奈々子とギタリストRiki Hidaka(日高理樹)が、10月に東京・名古屋・広島でのリリース記念ツアーを開催することが決定!

佐藤奈々子、日高理樹、外川良 (wagot) のトリオを基本編成に、スペシャル・ゲストとしてギタリストの長田進、さらにニューヨークからアルバムにも参加したPatti Smithの実娘=Jesse Paris SmithとチェロのRebecca Foonを迎えた豪華ラインナップで行われるこのライブ。
『Golden Remedy』の美しく夢幻的な世界がどのような形で表現されるのか必見だ。

web_sm_pcd25259
Nanaco + Riki Hidaka『Golden Remedy』
NOW ON SALE
PCD-25259 定価:2,500円+税
http://p-vine.jp/music/pcd-25259

伝説のシンガー、佐藤奈々子の5年ぶりニュー・アルバムは、今もっともアートなサウンドを紡ぐ大注目ギタリスト、Riki Hidakaとのあまりに美しきコラボレーション!
唯一無二のウィスパー・ヴォーカルと吸い込まれるほど夢幻的なギター・サウンドが織りなす妖艶なるポップ・ワールド――。カメラ=万年筆とコラボした前作『old angel』に続き、またしても若き天才との化学反応が生んだ恍惚の傑作が誕生!

<トラックリスト>
1. Old Lady Lake
2. 王女の愛 (Love of Princess)
3. Frankincense Myrrh Gold
4. I Will Marry You
5. 美しい旅人 (Beautiful Traveller)
6. Secret Rose
7. 未来の砂漠でギターを弾く君と私 (The Desert)
8. 魔法使い (Wizard)
9. 白鳥 (Swan)

<参加ミュージシャン>
オカモトレイジ (OKAMOTO’S):dr
野宮真貴:cho
ジェシー・パリス・スミス:keys, cho
Babi:cho
佐藤優介 (カメラ=万年筆):p
佐藤望 (カメラ=万年筆):chorus arrangement
ほか

◆岡村靖幸、佐野元春、鈴木慶一など、超豪華アーティストからのコメントはこちらをチェック!
http://p-vine.jp/news/20180620-170000

10.14.2018

“Golden Remedy”tour

web_Golden-Remedy-tour-new-OKOKfinalNanaco Riki Hidaka_flyer_omote

OPEN / START
10.14.2018 

18:00/19:00

ADV / DOOR

前売 ¥3,800 (ドリンク代別 ¥700)

■チケット発売日:2018年 8月25日(土)
e+(イープラス)e+(イープラス)予約ページ
メール予約 http://www.thegalaxy.jp/contact/
※スペシャルチケット希望と書き添えて頂いた方には当日スペシャルチケットをお渡しいたします。
主催:Golden Remedy

LINE UP

佐藤奈々子 (Vo.) / 日高理樹 (Gt.) / 外川良 (Gt.)

special guest:
長田進 (Gt.) / 堀江博久 (Key.) / 佐藤優介 (Key.)

INFORMATION

2018年6月20日にNanaco + Riki Hidaka名義によるアルバム『Golden Remedy』をリリースしたシンガーソングライター佐藤奈々子とギタリストRiki Hidaka(日高理樹)が、10月に東京・名古屋・広島でのリリース記念ツアーを開催することが決定!
——————-
※ゲスト出演者変更のお知らせ※

2018年10月14日(日)~16日(火)にかけて開催されるシンガーソングライター佐藤奈々子とギタリストRiki Hidaka(日高理樹)による『Golden Remedy』と題したツアーについて、ゲスト出演者に変更がございますのでお知らせ致します。
当初ニューヨークからのゲスト参加が予定されていたJesse Paris SmithとRebecca Foonの2名が都合により出演キャンセルとなりました。両アーティストの出演を楽しみにされていたお客様には大変申し訳ございませんが、何卒ご理解下さいますようお願い申し上げます。こちらの出演キャンセルに伴うチケットの払い戻しについては、詳細を近日ご案内させていただきます。
つきましては、ギタリストの長田進に加え、新たなスペシャルゲストとして、堀江博久、佐藤優介(カメラ=万年筆)、佐藤望(カメラ=万年筆)を公演ごとに迎え、ツアーは予定どおり開催させていただきます。これらの素晴らしいゲストミュージシャン達によって『Golden Remedy』の美しく夢幻的な世界がどのように表現されるのか、引き続きご期待ください。

 

★佐藤奈々子よりメッセージ
Golden Remedy Tourのため来日が予定されていましたJesse Paris Smithならびに Rebecca Foonが事情により来日できなくなり、とても残念です。楽しみにしていてくださったみなさまに心よりお詫び申し上げます。つきましては、新たにすばらしいスペシャルゲストの方たちが参加してくださることになりました。長田進さん、堀江博久さん、佐藤優介さん、佐藤望さんという本当に最高のメンバーです。きっとすばらしいライブになることとおもいます。 日高理樹ならびに外川良、そして新たなゲストの方たちとごいっしょに、“幻のGolden Remedy”の世界をお届けできましたらうれしいです。
そして、もう一つお知らせがあります。実は、Jesse Paris Smith、Rebecca Foon、そして長田進さん、Jan and Naomiのヤンと今回のツアーのためにレコーディングしたスペシャルなアルバムを用意していました。二人は来日できなくなってしまいましたが、ツアーの会場でこのアルバムを先行発売させていただきます。こちらもどうぞ楽しみにしていて下さい。
ということで、ぜひGolden Remedy Tourを見にいらしてください。東京、名古屋、広島でお会いできますこと楽しみにしております。

*長田進さん
井上陽水、佐野元春、Cocco、奥田民生、LOVE PSYCHEDELICO、GREAT3といったトップアーティストを支える、最高のロックギタリストです。

*堀江博久さん
Cornelius(コーネリアス)、THE BEATNIKS で活躍する最高にかっこいいキーボード奏者です。また自らのユニット”NEIL AND IRAIZA”も昨年、15年ぶりにアルバム“Timeless Melodies”をリリースしました。

*佐藤優介さん、佐藤望さん
若き天才二人のユニット“カメラ=万年筆”の佐藤優介さん、佐藤望さん。独特な感性で生みだされる音楽。クラシカルでPOPな音楽に才能を発揮する自由な天才ぶりに驚かされます。またそれぞれのソロの活動もめざましく、プレーヤーとしてまた、さまざまなアーティストのプロデュースや映画音楽も手がけています。
——————-

Golden Remedy ツアー10月14日(日)
Galaxy 銀河系における東京公演について、ゲストの変更にともないご予約キャンセルをご希望される方、また、e+でチケットを購入された方で払い戻しをご希望の方へのお知らせです。
ゲスト出演者変更発表前に購入されたチケットはそのまま有効となります。
【Galaxyにメール予約いただきましたお客様 】
Galaxy宛のメールにて、”キャンセル希望”とご連絡くださいませ。
【e+ イープラスにてご購入のお客様】
払戻期間:10/1(月)10:00~10/14(日)23:59
※払戻方法は、チケットの受取方法や支払方法により異なります。
※払戻方法詳細については下記の払戻方法チャートをご確認ください。
<PCから確認>
<携帯から確認>
※お問い合わせ:イープラス 0570-06-9911(10:00~18:00)

——————-

web_sm_pcd25259
Nanaco + Riki Hidaka『Golden Remedy』
NOW ON SALE
PCD-25259 定価:2,500円+税
http://p-vine.jp/music/pcd-25259

伝説のシンガー、佐藤奈々子の5年ぶりニュー・アルバムは、今もっともアートなサウンドを紡ぐ大注目ギタリスト、Riki Hidakaとのあまりに美しきコラボレーション!
唯一無二のウィスパー・ヴォーカルと吸い込まれるほど夢幻的なギター・サウンドが織りなす妖艶なるポップ・ワールド――。カメラ=万年筆とコラボした前作『old angel』に続き、またしても若き天才との化学反応が生んだ恍惚の傑作が誕生!

<トラックリスト>
1. Old Lady Lake
2. 王女の愛 (Love of Princess)
3. Frankincense Myrrh Gold
4. I Will Marry You
5. 美しい旅人 (Beautiful Traveller)
6. Secret Rose
7. 未来の砂漠でギターを弾く君と私 (The Desert)
8. 魔法使い (Wizard)
9. 白鳥 (Swan)

<参加ミュージシャン>
オカモトレイジ (OKAMOTO’S):dr
野宮真貴:cho
ジェシー・パリス・スミス:keys, cho
Babi:cho
佐藤優介 (カメラ=万年筆):p
佐藤望 (カメラ=万年筆):chorus arrangement
ほか

◆岡村靖幸、佐野元春、鈴木慶一など、超豪華アーティストからのコメントはこちらをチェック!
http://p-vine.jp/news/20180620-170000

09.28.2018

SPACE DRAWING

39393028_1837982002906410_6435315049111224320_n

OPEN / START
09.28.2018 

19:00

ADV / DOOR

¥2,500 + 1Drink

LINE UP

LIVE ACT:
AKITO SENGOKU (TIME PAINTING)
MAIKO KISHI
RIKI HIDAKA

DJ:
JUN MORITA
YAMA AKA SAHIB
TURKEY

INFORMATION

時間に絵を描く仙石彬人
音を空間に漂わせる、岸麻衣子、RIKI HIDAKAが出演。

DJ陣はソロ・アルバム LʼARTE DEI RUMORI DI MORTEをリリースしたばかりの鬼才森田 潤
若手No1の選曲家Turkeyと主宰Yama a.k.a.sahib
———————

■仙石彬人 AKITO SENGOKU [TIME PAINTING, Visual]
2004年より「時間に絵を描く」をテーマに、OHPを用いたヴィジュアルによるライブパフォーマンス”TIME PAINTING”をはじめる。楽器を演奏をするかのように3台のOHPを同時に操りながら紡がれる光の絵は、絶えず変化し続け2度と同じにはならないその場限りの物語を描く。LIVEという表現方法にこだわり、あらゆるジャンルのミュージシャンやダンサー、アーティストとのコラボレートワークを活動の場としている。
http://akitosengoku.blogspot.jp/

■岸眞衣子 MAIKO KISHI
「Magnolia」のVocal。2003年APESOUNDSよりデビューアルバムリリース。これまでに3枚のアルバムをリリース。フジロック/サマーソニックの出演を果たすなど精力的にライブ活動を続ける。
バンドの活動休止後ソロワークを始動。 2009年再びフジロックフェスティバル等数多くのフェスに登場し、クニ杉本(ex Natural Calamity)大野由美子(Buffalo Daughter) パードン木村などが脇を固め、
初のソロ・アルバム『Kirie』を発表。2011年3/28 黎明期 のvisvimを支えた永直樹の主催するAUDIO ARTS RECORDINGSよりコラボインストアルバム”Colorful”リリース。2012年夏、6年の休止からMagnolia再始動!フジロックに再出演を果たす。
http://www.kishimaiko.com
http://www.deep-orange.jp/magnolia

■Riki Hidaka
1991年LA出身。東京育ち。2014年よりNY在住。ギター奏者。
『NU GAZER』(‘11)、『POETRACKS』(‘11)、『LUCKY PURPLE MYSTERY CIRCLE』(‘17)など、自主制作による限定リリースを含む多数のソロ作品をリリースするほか、QN、THE OTOGIBANASHI’S、GIVVNなどの作品にギタリストとして参加。また、アートワークやフィルム制作、ショーの音楽など、様々な分野で活動し ている。ライヴも精力的に行い、17~18年に行われたジム・オルーク、石橋英子との二度に亘るスリーマン・ツアーは話題を呼んだ。

■森田潤
DJ、モジュラー・シンセ奏者。ソロ・アルバム LʼARTE DEI RUMORI DI MORTE(SPF-004)ɸonon 2018年発売。
ワールド・ミュージック、ジャズ、エレクトリック・サウンドなどに幅広くコミットし、クラブやホテルでプレイするほか海外にも遠征。クラブ・ジャズ 系”afrontier”、ワールド・ミュージック系”Séduction Tropicale”、エクスペリメンタル系”WHOLE LOTTA SHAKIN’GOIN’ON”、ハウス系”Perfect Love Affair”等、多くのイベントにレギュラー参加。blackmadras名義で楽曲製作も行い、OMAGATOKIやVillage Musicからリミックス作品も発表。バンド形態のOmega f2;kは13年にポニーキャニオンよりデビュー曲をドロップ。DVD作品”THE DECLINE OF THE ORGY”を発表。また、レア・ヴァイナル復刻のマスタリング・エンジニアとしても評価され、ホセー・アントニオ・メンデス等の再発盤がベスト・セラーに なっている。2018年には芥正彦企画/演出によるノイズ・オペラ「カスパー」に参加。
http://www.slogan.co.jp/portfolio/junmorita/

■Yama a.k.a. sahib
83年、イギリスに渡りクラブ文化に触れ帰国後DJを始める。DJユニットJAZZBROTHERSを結成。クラブ青山blueをクラブジャズの 第一人者U.F.Oと共にプロデュース。’98年、ハンブルグ・ジャズ・フェスティバルに近藤等則と共に出演。’99年にはユニット FREEMANをスタート、レーベルAUDIO SUTRAを始める。楽曲MY DEAR MASTERSをフランス[GeorgeV]よりリリースされた『BuddhaBar3』にライセンスし世界的に支持を受ける。2000年インド、バンガ ロールで行われたダライ・ラマ14世が提唱する”世界聖なる音楽祭”に出演。その後もオープンマインドでヴァーサタイルな活動を続け多くのミュージシャン と共演。共演者には近藤等則を中心にBill Laswell、Jah Wobble、John Zorn、石間秀機、山木秀夫、坂田明、清水靖晃、桑原茂一、中村照夫、森園勝敏、伊藤公朗、北京一、山中千尋、小滝みつる、ホッピー神山、中村達也、山 塚EYE、仲野茂 、三宅洋平、DJ Disk等とのセッションに参加。2006年TEAM☆LABがプローデュースするスヌーピー ライフデザイン展 Happiness is THE 55th ANNIVERSARYの作品『花紅』の音楽を担当。イギリス[Soul Jazz record]よりJBP名義で日本人初の楽曲をリリース。2014年レーベル Hot Buttered Recordを亀井達也とともにスタート。同年Hot Buttered Clubを渋谷にオープン。

■Turkey (Koki Tamura)
音に命を与え、生命を音で染める若き選曲家。孤独を彩るメロディーから、狂い咲く情 熱をかき立てるグルーヴまで、 幅い広い選曲センスを持っている。Turkey のボーダーレスで音楽的な選曲は、クラブイベントのみならず、アート・エキシヴィジョンやアンダーグラウンド・アート・エキスポと、トレンドを超えた新しい文化が生まれるスペースで耳にすることが多い故に、 昨今の日本の芸術文化を牽引するアーティスト達からの選曲/リ ミックスの熱烈なオファーが絶えない。空間に媚びずに、会場の色をも変えてしまう DJ スタイルは多くのフォロワーを生み出しているが、そのスタイルの原点となる自主イベント《FOLK》- (毎月第 3 水曜日 渋谷 THE ROOM にて開催)では、FEN と You Tube の実を食べて育った 69 歳東ティモール人のような近代文明では考えられない、宇宙的かつ狂人的な選曲をオーディエンスに届けている。2017年にはHERMESやKATHARINE HAMNETTのオフィ シャルイベントにDJとして抜擢、CAMERA(べルリン)、 FOLLAKZOID(チリ)の初来日公演のプロデュースなど、活躍の場を広げている。

09.23.2018

BAR GALAXY

BAR GALAXY14

OPEN / START
09.23.2018 

19:00〜23:00

ADV / DOOR

1ST DRINK 1,000 YEN

LINE UP

DJ:
SAKIKO OSAWA
TOBY
TOTALUSEFUL

INFORMATION

■SAKIKO OSAWA
日本大学芸術学部音楽学科卒。音響学やメディア・アートを学び、大学院卒業後はプロジェクション・マッピング、映像ディレクションの分野でも活動。並行して、渋谷・道玄坂のウォームアップバー「しぶや花魁」を根城に音楽活動を展開中。
2014年2月にミュージック・ブランド「OIRAN MUSIC」設立と同時に、オランダ・アムステルダム ” 7 Stars Music ” から「Tokyo Disco Beat」で世界配信デビュー。iTunes エレクトロニック アルバムチャートにて2位を記録する。以降はショウダユキヒロ監督のMVが話題を集めた「Gimme Action feat. Saga Bloom」、人気ファッション・ブランド「THE TEST」とのコラボレーションによる「Zodiac」、斎藤ネコ氏のバイオリンをフィーチャーした「Fullmoon」、CD HATA氏やTonbo氏がリミキサーで参加の「Chronic」など、継続的に意欲作をリリースし続けている。
スリリング且つソリッドでありながら、艶やかなジャパニーズ・ビューティを想起させるサウンドを持ち味に、System 7の名曲「Positive Noise」や、starRo「カクレンボ feat. Chara」 、ナマコプリ「SUSHI PARTY」、Nao Nomura(BASS WORKS RECORDINGS)など幅広いジャンルの楽曲のリミックスワークを担当。
DJとしても上海やアムステルダムに加え、東京の様々なクラブやパーティ、「ENTER.Sake」「WIRED CLASH」などのイベントにも出演。最近は、ライブセットや演奏家との即興セッションを行うなど、シーンの垣根を越え独自のスタンスで活動中。

http://oiranmusic.com/sakikoosawa

21078657_1611946678824915_2040406592195109941_n

■TOBY
日本のテクノシーン黎明期からドイツのテクノシーンをいち早く日本に紹介してきたテクノ外交官。
かつてテクノの聖地と呼ばれた伝説のクラブ、MANIAC LOVEのレジデントDJであり、フランクフルトのOMEN、ベルリンのTRESOR、WIRE、RISING SUN ROCK FESTIVAL等、国内外のクラブ、大型フェスティバルでプレイ経験を持つ。
2007年に、初の本人名義アルバム「ELECTRIC SMOOCH」をリリース。
2008年には、映像作家、宇川直宏氏の「UKAWANIMATION!」の楽曲など手掛ける。
また、宇川氏がプロデュースするライブストリーミングサイト「Dommune」においても数回プレイし、好評を博している。
2011年には、スローハウスユニット、Languageの「Deeply higher Toby & T-ak RMX」、London Electricity feat.AMWEの「ロンドンは夜8時 Toby & T-ak RMX」を手掛けるなど、ジャンルを越えたアーティストとのコラボレーションを展開している。
701

■Totaluseful
獅子座 B型 武人
UKのDotcom RecordingsよりDJ Suemeとの共作 ”Peep EP” でデビュー。
Andrew Weatherallから”狂ったビートとアホみたいなベースの曲”と評される。(いい意味で)
またドイツのTresorや、スウェーデンInput-Output Inc.などのリリースに加え、Funk D’Void、Bloc Partyなどのリミックスも手がける。
現在、恵比寿の頭バーにて第3日曜日に開催されているイベント、Easy Sunday Loungeレジデント兼酔っ払い係を担当。
勢いに任せてフィンガードラミングやスクラッチプレイが飛び出すことがあるかも。
21100712_10209838383181570_451824695_n

09.21.2018

ALIAKE〜其の九〜
『2ndアルバムリリース記念LIVE!』

aliake

OPEN / START
09.21.2018 

19:00/19:45

ADV / DOOR

[SOLD OUT]

LINE UP

ALIAKE

INFORMATION

■ALIAKE(ありあけ)

“Nu-folk” を掲げ、クールな和サウンドを発信するユニット。小湊昭尚(尺八・オークラウロ・篠笛)、土屋雄作(ヴァイオリン)、齋藤純一(ギター)、美鵬直三朗(太鼓・鳴り物) メンバー4人の個性がぶつかりあい、そして融合してゆく。
小湊が使用する楽器”オークラウロ”は、尺八式の歌口とフルートのベーム式キーシステムを併せ持つ金属製の縦笛で、昭和初期に男爵・大倉喜七郎が考案・制作した管楽器。古の和を感じさせる尺八の息吹と、フルートの音色を掛け合わせた唯一無二の音色。土屋の使用するアコースティック5弦ヴァイオリンは、通常のヴァイオリンよりも1本太い弦が付け加えられており、メロディーのみならず対旋律や伴奏でも威力を発揮する。そこに、ジャズギタリストでもある齋藤の美しく繊細なコードワーク、時にはクラブミュージックを彷彿とさせるようなジャパニーズパーカッショニスト美鵬の大胆不敵なリズム。4人がそれぞれ兼ねてから思い描いていた”国産”の新しい音楽が”ALIAKEサウンド”に集約されている。
2014年9月、東宝主催の新感覚・音楽朗読劇サウンドシアター”eclipse(エクリプス)”に音楽監督である土屋の呼びかけにより小湊、齋藤、美鵬が参加。バンド結成のきっかけとなる。同年11月、初ライブ開催し、バンド名を公表。
2015年 観世能楽堂にてレコーディングを敢行した1st アルバム”Rapid Promotion” を発表。同年、beatmania IIDX Copula の楽曲”Aublia” に参加。
2017年12月 初の海外公演を中国・上海にて行い好評を博す。

出演歴 :
楽天ジャパンオープン2017 国歌演奏 / すみだストリートジャズフェスティバル / 定禅寺ストリートジャズフェスティバル / 備中邦楽の里フェスタ / 新感覚音楽朗読劇SOUND THEATRE”eclipse”

https://www.aliake.asia/

09.15.2018

BAR GALAXY

bargalaxy7inchflyer_yoshirotten

OPEN / START
09.15.2018 

19:00〜24:00

ADV / DOOR

1ST DRINK 1,000 YEN

LINE UP

Guest DJ:
Radio Jakarta

DJ:
ANGELYUKA
DJ orgamic

INFORMATION

GOOD VINYL ONLY

■Radio Jakarta
高円寺SUBstore Tokyoを営むアンディと同郷のトシからなる都内各所で活躍中のDJユニット。
2 music selector from Indonesia,based in Tokyo- Spin Indonesian rare-groove…Funk, Old Groovy Sound & Exotic Paradise Beat!
https://www.facebook.com/radio.jakarta/
https://substore.jimdo.com/
https://soundcloud.com/radio-jakarta
25552286_1875331136038827_6953155491125061163_n

■ANGELYUKA
モデルとして国内外のファッション誌をはじめ、パリコレクションに出演するなど今注目を集める東京のイットガール。
インスタグラムのフォロワー数は38 万人を超え、同世代の女性たちからファッションアイコンとしての支持が高くモデル以外にも、アーティストとしての一面も持ちあわせDJ 活動をはじめ音楽方面へも活躍の場を広めている。
S__35979300

■DJ orgamic
漆黒のベースラインとカラフルなリズムを操り、官能グルーヴを紡ぐ。
17歳でHard Core Punkの洗礼を受け、衝動のままにReggae/Dub、Progressive Rock、Rare Grooveなど”rebel”かつ”goovin’”なミュージックを通過。RAW LIFE ’04でHouseに出会い、その自由なスタイル、カルチャーに魅せられ、House/Techno DJとして活動を始める。STRANGE@AIRのレジデントを務めた後、都内各所で活躍中。ヴェニューやシチュエーションによらず、狂気/驚喜の”rebel dance music”を展開し、フロアにadultyな温度をもたらす。
e17361ffba9fbae3

08.31.2018

Galaxy Yoga Vol.3

39059185_10214161229077850_2053892376430116864_n

OPEN / START
08.31.2018 

19:00 OPEN
19:30 YOGA & DJ START
20:30 YOGA END
21:00 CLOSE

ADV / DOOR

¥3,700

LINE UP

YOGA >> 尾形弓子
宮崎県出身。
伝えることを重んじ、“ヨガの真髄”、“生き方としてのヨガ”を学び始める。4歳からバイオリンを学びはじめ、クラシックに限らず様々なジャンルの音楽に親しみ、伝説のソフトロックバンド「Bobbie’s rockin’ chair」ではボーカルとして活動。ヨガが誰しもの生活に寄り添えるように空間作りを心がけている。自身の代表的な活動のひとつ、キャンドルヨガには心身のリラックスや浄化を求めて通う参加者も多い。個人宅、カフェ、SHOP、屋外、様々な場所でyogaを伝えている。近年は企業から依頼されヨガ講師を務めるなど多岐に渡り活動している。

主な活動
・川崎お家yoga
・調布お家yoga
・横須賀お家yoga
・厚木ママとkidsの為のyoga
・株式会社丸井グループ「インクルージョンフェス」にて、従業員向けの心と身体の健康プロジェクト、マルイ横浜店ではお客様 向けの体験ヨガクラスを担当。
・FITNESS CLUB tarzan にてキャンドルyoga及び瞑想 yoga。
・フィオーレの森「森のスタジオ」にてキャンドルyoga

DJ >> MAJESTIC WOMAN
1996年より東京にてDJ活動開始。HIPHOP,SOUL, RAREGROOVE…心に響く音を求め彷徨い続けて来た年月を経て、JAZZ,HOUSE,TECHNO, BREAK BEAT,DUB,民族音楽…グルーヴィーな波に乗り、本能の赴くまま深海へと誘う。2013年より2017年までホテルConrad Tokyo”Twenty Eight”にてレギュラープレイ。90周年を迎えた横浜ホテルニューグランドでは旧館ロビーを舞台にしたナイトラウンジにてDJ。時代、国境を超えたジャンルレスな選曲でmatureな空間を演出している。

INFORMATION

神宮前のギャラリースペースGalaxy 銀河系にてYOGAインストラクター尾形弓子とDJ MAJESTIC WOMANがおくる音楽とヨガの時間です。
照明を落とし特大のミラーボールまわせばひろがるGALAXY。アーサナの流れにシンクロするサウンドは深遠なバイブレーション。
煌めく星とひとつになってYOGAをしてみませんか?

ご参加をご希望の方はFBイベントページにて参加ボタンを押してください。
https://www.facebook.com/events/319869715423785/

08.25.2018

INOYAMALAND DANZINDAN-POJIDON
35th ANNIVERSARY LIVE

180825INOYAMALAND

OPEN / START
08.25.2018 

18:00

ADV / DOOR

¥3,000 with 1D

LINE UP

LIVE:
イノヤマランド(井上誠/山下康)
リョウアライ+益子樹 (ROVO/DUB SQUAD)

DJ:
FROZEN ELECTRONIC WAVE(永田一直/小暮秀夫/谷田部慎一)

INFORMATION

世界的に再評価が高まっている日本のアンビエント、環境音楽の伝説の名盤『ダンジンダン・ポジドン』リリース35周年、再リリース記念ライブ。ゲストライブにリョウアライとDANZINDAN-POJIDON [New Master Edition]のミックス、マスタリングを手がけた益子樹(ROVO/DUB SQUAD)によるアンビエントセット、DJに日本のニューウェーブ、テクノポップをメインにプレイするDJチームFROZEN ELECTRONIC WAVEが、アンビエント、環境音楽セットで臨みます。当日、DANZINDAN-POJIDON [New Master Edition]を先行発売します。

■INOYAMALAND(イノヤマランド)
1977年夏、山下康と井上誠は巻上公一のプロデュースする前衛劇の音楽制作のために出会い、メロトロンとシンセサイザー主体の作品を制作する。この音楽ユニットは山下康によってヒカシューと名付けられた。ヒカシューは同年秋からエレクトロニクスと民族楽器の混在する即興演奏グループとして活動を始めた後、1978年秋からは巻上公一(B,Vo)、海珠正道(G)らが参入、リズムボックスを使ったテクノポップ、エレクトロ・パンクバンドとして1979年にメジャーデビューした。1982年以降、井上はヒカシューの活動と並行して山下と2人のシンセサイザー・ユニット、イノヤマランドを結成する。1983年にYMOの細野晴臣プロデュースによりALFA/YEN RECORDSより1stアルバム『DANZINDAN-POJIDON』をリリース。その後、各地の博覧会、博物館、国際競技場、テーマパーク、大規模商業施設などの環境音楽の制作を行いながら、1997年にCrescentより2ndアルバム『INOYAMALAND』、1998年にはExT Recordingsの前身にあたるテクノレーベルTRANSONIC RECORDSより3rdアルバム『Music for Myxomycetes(変形菌のための音楽)』をリリース。10数年振りとなるライブも行った。2018年にはグループ結成のきっかけとなった1977年の前衛劇のオリジナル・サウンドトラック『COLLECTING NET』をリリース。また、近年では1stをはじめとする各アルバムが海外のDJ、コレクターの間で高値で取引され、多数の海外レーベルよりライセンスのオファーが相次ぎ、ポートランドのアンビエントデュオVisible CloaksのSpencer Doranをはじめ、カナダのシンガーソングライターMaylee ToddはVOGUE JAPANのインタビューでフェイバリットにイノヤマランドを挙げるなど世界的な再評価が高まっている。

主催 ExT Recordings
http://extrecordings.blogspot.jp

08.11.2018 - 08.12.2018

『伯林漂流(Berlin Drifters)』国内初上映&関連企画上映
今泉浩一 生前追悼上映会

Dieq28lUwAAEdKR

OPEN / START
08.11.2018 - 08.12.2018 
LINE UP

8月11日(土・祝):ゲイ・ポルノ映画監督篇(今泉浩一監督作品集)
*全ての作品に英語字幕が付いています。
All films will be screened with English subtitles.

10:00~12:03『伯林漂流(Berlin Drifters)』1,800円
上映前:喪主(今泉浩一)による「生前追悼上映会」開幕のご挨拶

13:00~14:36『初戀(First Love)』1,000円
上映後トーク:前田くにひろ(文京区議会議員)

15:20~17:06『家族コンプリート(The Family Complete)』1,500円
上映後トーク:ほたる(出演)、たけださとし(「歌のフリーマーケット」ポッドキャスター)

18:00~19:38『すべすべの秘法(The Secret to My Silky Skin)』+『TOUCH OF THE OTHER』1,500円
上映後トーク:上映後トーク:馬嶋亮太(『すべすべの秘法』主演)、きたがわひろ(両作品出演)

20:20~22:23『伯林漂流(Berlin Drifters)』 1,800円
上映後トーク:馬嶋亮太(主演)、田亀源五郎(脚本)、田口弘樹(撮影)、岩佐浩樹(音楽ほか)

—————————–

8月12日(日):ピンク映画俳優篇(今泉浩一出演作品集)
*『伯林漂流(Berlin Drifters)』のみ英語字幕・一部日本語字幕付きでの上映です。
Only ‘Berlin Drifters’ will be screened with English and Japanese subtitles.

11:00~13:03『伯林漂流(Berlin Drifters)』1,800円
上映後トーク:足立正生(映画監督)

14:00~15:00『狂乱不倫妻 熱いうめき(監督:佐野和宏)』1,200円
上映後トーク:佐野和宏、伊藤清美(出演)、吉本直人(出演)、小林節彦(出演)、上田耕三(出演)

16:20~17:20『(生)盗聴リポート 痴話(監督:佐藤寿保)』1,200円
上映後トーク:佐藤寿保、伊藤清美(主演)、林田義行(PG編集長)

18:40~19:51『独房X(監督:七里圭)』1,200円
上映後トーク:七里圭、藤井裕子(聞き手)

21:00~22:06『人妻愛モード(監督:渡辺護)』1,200円
上映後トーク:ガイラ(プロデューサー)、川奈まり子(主演)、井川耕一郎(脚本家/映画監督)

—————————–

・開場は上映開始時間の20分前を予定しています。先着順でのご入場となります。
・8/11の『初戀』は15歳以上、その他の全ての作品は18歳以上の方のみ入場可能です。年齢を証明できるものをご持参ください。
・各回とも完全入れ替え制、当日券のみです。チケットの予約は承れません。
・8/11の全ての作品を観られる1日券:4,500円(当日販売。ただし『伯林漂流』を朝と夜の2回とも観ることはできません)。
・8/12の『伯林漂流』を除く全ての作品を観られる1日券:3,500円(当日販売)。
・【障害者割引】障害者手帳をご提示の方は各回それぞれ1,000円でご覧いただけます。付添の方の割引はありません。
・全ての上映後トークには今泉浩一も登壇します。

INFORMATION

■今泉浩一
1985年より「東京グランギニョル」に参加、その後二代目一条さゆりの黒子として全国のストリップ劇場を巡業する。1990年、佐藤寿保監督『激射・なぶる!』で映画俳優としてデビューし、佐藤監督、佐野和宏監督らのピンク映画を中心に約100本の映像作品に出演した。1999年、岩佐浩樹とともに映画・音楽制作レーベル”habakari-cinema+records”を立ち上げ自主映画の制作を開始し、現在に至るまでに5本の長編作と3本の短編作を監督した。2008年に監督した、ある高校生のゲイとしてのアイデンティティーの目覚めを描いた長編作『初戀』はベルリン国際映画祭パノラマ部門にも公式招待されている。

今泉浩一の最新長編作『伯林漂流(Berlin Drifters)』は、日本からベルリンに辿り着いたゲイの漂流者たちの物語である。脚本は今作で初めて映画の脚本を手掛ける事となった日本を代表するゲイ・エロティック・アーティスト、田亀源五郎。この10年で日本のゲイの恋愛とセックスを取り巻く何が変わり、そして何が変わらなかったのか?を「ベルリン」という反射鏡を触媒として描き出す。彷徨い続ける男たちが踊る、21世紀版『ラスト・タンゴ・イン・パリ(・オヴ・ゲイ)』。香港を皮切りにポルトガル、ドイツ、オーストリア、アメリカでの上映を経ての日本初上映となる。

『伯林漂流』予告編
https://vimeo.com/225738258

8月11日(土・祝)は新作『伯林漂流』の上映に加え、『初戀』以降の長編、短編作を制作年順に上映し、8月12日(日)には『伯林漂流』と共にピンク映画俳優として今泉浩一が出演したピンク映画を上映する。各回の上映後には多彩なゲストを迎えたトークを予定。

上映会の詳細は以下ページより
http://www.shiroari.com/habakari/Tokyo_BerlinDrifters2018.html

08.03.2018

BAR GALAXY

BAR GALAXY

OPEN / START
08.03.2018 

19:00〜23:30

ADV / DOOR

ENTRANCE FREE(1ST DRINK 1,000 YEN)

LINE UP

LIVE:
nubo(UGFY)
USB

DJ:
1-DRINK
Mars89(Noods Radio)
KST

INFORMATION

■nubo(UGFY)
Producer / Trackmaker として、独自の音楽性を提示し日々実験を重ねる音楽家。 高校時代に90’s HIPHOPの洗礼を受けラップを始め、卒業後はニュージーランドへ移り、広大な自然と戯れながら音楽と瞑想に没頭する日々を過ごす。 帰国後、都内レコ屋で勤務する傍ら、ビート制作の魅力に取り憑かれ、アンビエントや民族、エクスペリメンタルな電子音楽にも興味を持つようになり、それらをクロスオーバーさせた独特なオリジナルトラックも作り始める。 2014年にはDJのYou Forgotと共に”UGFY Records”を旗揚げし、UGFYとして1st EP “atom tears EP”をリリース。 レーベルとしては現在までに4枚のVinylと1つのデジタルEPをリリース。 UKやオランダを筆頭にUGFYファミリーもワールドワイド広がりをみせており、今後は新たな刺客達によるリリースが控える。 また、Moja名義でトラックメイクしている別プロジェクト、DJ Yogurut & Mojaでは、スイスの老舗レーベル”Mental Groove”からの2作品を筆頭に順調にリリースを重ねている。 2018年はソロとしては初となるアルバム”Nu Vison.”をUSオースティンのレーベルからリリースする予定である。

S__3604482

■1-DRINK
Disco, House, Techno, Bassの境界を彷徨いながら現在にいたる。Abe Shuheiとのプロジェクト”JAYPEG”を経て現在は個人活動中。ときどき街の片隅をにぎわせている。

1_3boeji57o6vfqf6oqxjx9

■Mars89(Noods Radio)
Mars89は超現実主義とサイエンスフィクションから影響を受けたDJ/コンポーザーである。 2016年夏にカセットテープとジンのセット「East End Chaos」をリリース。 その作品を足がかりに2017年初夏にはオカルティズムから着想を得た作品「Lucid Dream EP」をブリストルを拠点とする実験的Dubレーベル”Bokeh Versions”からダブプレートとカセットテープというフォーマットでリリース。 ダブプレートはリリース後即完売した。Web Media等に掲載されたレビューにはDark Side of Dub, Dancehall, Gqom, Grime, Drill, Ambient, Experimentalなどの文字が並び、最後はNot Sure What To Call It Hybridsと締めくくられた。Amazon Tokyo Fashion Week 2017A/Wではキービジュアルとなった映像の音楽を、Amazon Tokyo Fashion Week 2018S/SではGrowing Painsのショーの楽曲を担当。ブリストルのNoods Radioではレジデントをつとめている。
Mars89-1

07.28.2018

銀河系の夕べ vol.6

21192239_1398404866946693_4485034052739219842_n

OPEN / START
07.28.2018 

18:00

ADV / DOOR

¥2,500 (1D)/¥3,000(1D)
※ご予約はHPのCONTACTよりお願いいたします。

LINE UP

Guest Dancer
Aya + ROD

Live
The Golden-hipped Monkey
Liquid Brain

DJ
伊勢丹

INFORMATION

またやります銀河系の夕べ!
以下、今回の出演者プロフィールです。

■Aya
Rainbow Orbit Dance Co.主宰。
京都のアフィルマティファ主宰Yumaの下でベリーダンスを始める。トライバルスタイルをFat Chance BellydanceプリンシパルダンサーKae Montgomeryに師事。カリフォルニアトライバルスタイルをベースにトライバルフュージョンの奥深さを表現し続けている。Genuineシリーズを始めとするイベントの企画を通じ、魂に響くアートの普及に尽力している。
http://ayabic-shimmy.blogspot.com/
21034670_1517172625010513_6250950213011005929_n

Aya+RODは、今回は5名でATS(アメリカントライバルスタイルベリーダンス)を踊ります。
DSC_2251

■The Golden-hipped Monkey
2010年より断続的に敢行しているベリーダンサーtazukoと、パンクベーシストKJによる、見るものを夢現の世界へと魅了する異色のLIVEに、2014年よりUK帰りのサウンドメイカーkickが参戦。バンド形態での活動を開始。その年の秋には、新たにロックギタリストHipとアラビアンスタイルのパーカッショニストPeroniが加わり、Dubをベースにパンク、ロック、アラブ音楽、そして踊りをミックスアップさせたバンドへと進化。
聞くもの見るものを異空間へ転送する今後の彼らの時空破壊LIVEに乞うご期待!
http://wovenbellydance.com
http://www.starman.co.jp/kenji/
https://www.facebook.com/thegoldenhippedmonkey/
35102437_2081687752044391_8616739762067210240_n

■Liquid Brain
DJ Philip Hawtin, ディジュリドゥ奏者JUNYALION,
ベリーダンサー Kumi & Shiho によるPsychedelic Tribal Downbeat Project.
音を求めて世界を旅した両者から繰り広げられる異国情緒溢れるSoundは、自然の中で原体験した”あの”感覚をDNAの記憶の中から蘇らせてくれる。
https://www.mixcloud.com/philoyuki/stream/
image2 (1)
image1 (8)

■DJ 伊勢丹

07.27.2018

BAR GALAXY

BAR GALAXY14

OPEN / START
07.27.2018 

18:00〜23:30

ADV / DOOR

ENTRANCE FREE(1ST DRINK 1,000 YEN)

LINE UP

DJ:
TAKAMI(REBOOT / BUZZ×3)
U:ICHI (Solar Distance / WEAVES / HOUSTRIKE)
yohei HIBIKI (TECHNOSHIP)

INFORMATION

■TAKAMI(REBOOT / BUZZ×3)
TAKAMI5978
1995年からDJを始め、現在は国内最長寿テクノパーティー「REBOOT@contact」やアフター・アワーズの決定版「BUZZ×3@R LOUNGE」のレジデントDJとして活躍中。また、新宿2丁目自作自演系「りんごないと」でもプレイする一面も持つ。
他、2012年6月より日本初のダンス専門インターネットラジオblock.fmにて「radio REBOOT」(毎週火曜日 23:00~)をレギュラー担当。
東京を拠点にテクノやハウスなどの、ジャンルを問わず様々なパーティーでゲストプレイし意欲的な活動を行っており、THE ADVENT,CHRISTIAN SMITH,HARDFLOOR,MARCO BAILEY,FILTER HEADS,CRISTIAN VARELA,SIAN,TOMEHADESなど来日時にも共演し、「TECHNO」を基本として4DECKSを駆使した独自のファンキーな選曲と安定感のあるプレイスタイルは、幅広いオーディエンスやDJの間で評価が高い。
また、ロック&クラブマガジン「LOUD」によるDJ人気投票「DJ 50/50」にも、2006年より連続ランクインを果たしたことから、キャリアと共にその根強い人気の高さが伺える。
2002年9月には、MOON AGE RECORDINGSから初のリリースとなったデビューEP.「AGAINST THE OVERDRIVE E.P.」はQ’HEY、DJ SHUFFLEMASTER、YAMA、DJ UIROHなどから高い評価を受けた他、ドイツのクラブ誌「raveline」では5つ★の評価を得て話題を呼んだ。その後、数多くのトラックをリリースし続けており、その楽曲のオリジナリティーの高さからリミキサーとしても作品を提供している。

http://www.takami.info

http://www.facebook.com/takami.info

http://twitter.com/djtakami

http://www.mixcloud.com/djtakami/

https://block.fm/radios/19

■U:ICHI (Solar Distance / WEAVES / HOUSTRIKE)
U-ICHI
彼のキャリアは日本の地方都市、岡山から始まった。
すぐに街一番のVenueでPlayするようになり、オーガナイズDJとして明確なスタンスを歩んでいく。2008年から東京でのDJ活動を開始する。 細分化されてゆくパーティーシーンの中で、All around houseをキーワードにクロスオーバー、ジャンルレスに融合できる世界観の体現を虎視眈々と狙う。
都内を代表するVenueでコンスタントにPlayし、15年以上のキャリアから裏付けされる的確なシチュエーションに対するセレクト、秀逸なMix, エフェクトワークは現場での信頼も厚く、彼のPlayからはパーティーを一気にピークタイムへと加速させるようなエナジーと、パーティーの多幸感と切なさ、あらゆる空気を自身の奏でる音と同調させてしまうかのようなシンパシーを感じることができる。
2013年より自身のクロスオーバーする音楽性と海外アーティストをリンクさせ、独自の世界観を演出していくレジデントパーティー「WEAVES」をWOMB, AIR , ageHa ,VENTなど、東京の著名クラブにて開催。DOSEM、COYU、UNERなど、数多く世界のトップDJ達のウォームアップを担当し、彼のメロディックなサウンドは、多大なる賞賛を得ている。
またDOSEMがその音楽性、熱意、パフォーマンスを認め、新たにスタートさせたレーベル「HOUSTRIKE」のOfficialなレーベルDJとなり、スペイン,バルセロナのR33, CityHallやドイツでのアクトなどその活躍の場をワールドワイドに広げてゆく。
2017年12月にソロとしての2nd EPとなる「Melt Light EP」をUNERが運営するレーベル「Solar Distance」よりリリース。この精巧に制作されたEPは、この素晴らしいアーティストが何者か、そしてなぜ彼が世界の四隅から注目を集めるに至ったかを示す素晴らしい例だ。

WEAVE=紡ぎ のパーティータイトルに込められた思いと共に、また一つ東京のシーンを熱くするアイコンとして台頭してきた1人であることは間違いない。

http://jp.residentadvisor.net/dj/uichi

https://pro.beatport.com/artist/u-ichi/312518

■yohei HIBIKI (TECHNOSHIP)
hibiki
Techno、Minimal、Tech-Houseを軸として、3ターンテーブルによるDJ-MixとScratch/Turntablismを融合した手法で独自のDJスタイルを構築。都内主要クラブでキャリアを重ねると同時に、2005年には当時数多くの敏腕ターンテーブリストが全盛を誇る「VESTAX NOTRICKS SCRATCH DJ BATTLE」に唯一のテクノDJとしてエントリーし初出場で優勝。
リアルタイムでトラックエディットをする様な緻密かつスピーディーなミックス手法とその選曲には定評があり、DJとしてのフロア・コントロールと、バトル優勝歴を持つスクラッチを応用したライブ感をあわせもつDJとして、都内を中心に活動を展開。2004年以降は、YAMAHA主催のベトナム、フィリピン各国での大規模イベントのツアーDJに抜擢され、各都市の主要クラブ、フェスイベントにてDJを敢行し着実に評価を得る。
自身のレジデントパーティー”TECHNOSHIP”では、Claude Young (Different World)、KARIZMA (ex Basement Boys)を招聘する他、国内外の第一線で活躍するDJ・アーティストとも多数共演。また、ターンテーブリストとしてQ-bert、P-Trixをはじめ世界レベルのスクラッチDJとも共演を果たす。2005年より、ミクスチャーバンドのDJとしてアジア各国でのライブツアーおよびトラックリリースに参加する他、2009年には世界各国のDJから評価を得たDJミックス映像作品「3 Turntables & 1 DJ」を制作。シカゴ/ベトナム/台湾/上海でのDJツアー等、国内外を問わず精力的に活動を展開している。
-2005年 第6回 VESTAX NOTRICKS SCRATCH DJ BATTLE CHAMPION (優勝)

07.21.2018

BAR GALAXY

GalaxyFlyer

OPEN / START
07.21.2018 

19:00~23:00

ADV / DOOR

ENTRANCE FREE(1ST DRINK 1,000 YEN)

LINE UP

Akuryo
poem (2 MUCH CREW)
Daitabashi United
- MC JOE
- ATS
- Lark Chillout
The Gospel Renegade

INFORMATION

■Akuryo
837d5e970b007eac
東京都世田谷の外れにある千歳烏山出身のラッパー兼トラックメイカー。高校時代に知り合ったラッパーの友人に触発され1996年にマイクを握り始める。後にトラックメイキングにも着手。都内各所のクラブでライブやフリースタイルを繰り広げるも暫くして活動を休止。それ以後、様々なジャンルの音楽を吸収しつつ、トラック制作に没頭する。2004年に再びマイクを握りしめ、HIP HOPやDrum N Bass、Abstract Beats等のサイドMC、生バンドでのライブ、MCバトルへの参加を重ね現場でスキルを磨く。その後、培った経験や音楽性を地盤に独自の解釈で再び HIP HOPでの制作を開始。数々のデモCDを都内各所で配り歩く。2007年より下北沢GHETTOにレジデントMCとしてライブに参加。又、巨大なラジカセとマイクを用いた路上ライブ「GuerrillaDEMOnstrationSound」を不定期で活動中。

■poem (2 MUCH CREW)
21740132_1631482363538013_1632732885973222008_n
未来派堕天使系HIP HOPバンド2MUCH CREW所属。担当は雑務。

07.14.2018 - 07.19.2018

第二回 花写真グループ展 FLOWERS OF ROMANCE
〜 Yuji Itsumi and 8 Photographers 〜

ナルキッス・ロミウシーNarcissus Romieuxii筑波_00001サイズ小 (1) (1)

OPEN / START
07.14.2018 - 07.19.2018 

11:00~19:00

ADV / DOOR

入場無料

LINE UP

14日
16:00~17:00 トークセッション
18:00~20:00 オープニングパーティ
※1ドリンクオーダー制

INFORMATION

写真展概要ページ
http://lp.photo-advice.jp/flower2018/

2017年7月。写真家 五海ゆうじ 総合監修のもと、9人のアマチュア写真家が第1回 花写真グループ展に向けて作品創りに取り組みました。本格的な写真展は初めてのメンバーでしたが、必死に花と向き合い続けた結果、プロ写真家も認める27点の花作品が揃い、展示会は盛況に終わりました。
あれから1年、ふたたび8人のアマチュア写真家が花写真に挑戦しました。
「写真が好き」その想いだけのアマチュア写真家でも、観た人に感動を伝えられる!ことを実感していただけると思います。この写真展をご覧になった方々が、ご自身の可能性に気付き、写真を通して豊かな日々を過ごすきっかけになることを願っています。

————————–

■総合監修:写真家 五海ゆうじ
30年間 花を撮り続けてきた 写真家 五海ゆうじ。 2014年からインターネットを使った写真講座で花撮影の指導を行う。日本全国と海外を含め花撮影の指導人数はのべ1000人を超える。今回、受講生から選抜した8名のアマチュア写真家と、準備期間わずか3ヶ月で花写真グループ展に挑む。
1947年島根県出雲市生まれ。東京綜合写真専門学校で写真を学ぶ。1973年崔洋一、篠毅、ヒロヤマガタ、と4名で「JIM」設立。以後、広告、映画、雑誌などの写真を主に活動を始める。2005年、花と植物の写真集「Flowers of Romance」でエプソン賞受賞。写真展を多数開催。著作に写真集「自由の意思」、「NATURE TALKS」などある。NPO法人「ジャパンミュージックサポート協議会」を設立し、2013年 写真集「阿部薫OUT TO LUNCH」出版、写真展「阿部薫12葉の写真+2」開催。2017年 写真集「FLOWERS OF ROMANCE」を出版

■主催:フォトアドバイス
カメラを手にした人々が、想い通りにいい写真を撮り、人生を豊かに過ごす社会の実現に向けて、自宅で本格的に写真を学べる写真教育サービスを提供。「学ぶ-撮る-つながる」をテーマに、オンライン講座と写真交流SNSを組み合わせた業界初の写真講座を展開。2014年のスタートから約2000人が受講。フォトアドバイス受講生が登録できる、独自開発の写真交流サイト PHOTODAYS フォトデイズ では、全国の受講生同士が20万点を超える日々の写真をシェアしている。

06.24.2018

BAR GALAXY

BAR GALAXY14

OPEN / START
06.24.2018 

18:00~22:00

ADV / DOOR

ENTRANCE FREE(1ST DRINK 1,000 YEN)

LINE UP

GUEST DJ
NG.AE (Bazookapo,No Music,Seoul)

DJ TASAKA
panparth

INFORMATION

NG.AE(Bazookapo,No Music,Seoul)
soundcloud page

06.23.2018

ユアミトス 1st Mini Album「イノセント」レコ発ワンマンライブ

Dby3RB_VMAA3uFH

OPEN / START
06.23.2018 

14:30 第一部 開場 アートワーク展示会
16:30 第一部 閉場
17:00 第二部 開場 ワンマンライブ
18:00 第二部 開演

ADV / DOOR

第一部 無料(入退場自由)
第二部 前売り2,300円 / 当日2,800円
別途ドリンク代金700円

LINE UP

ユアミトス

INFORMATION

チケットのご予約は公式サイトの「Contact」からお願いいたします。
「ご用件」の欄にお名前をカタカナのフルネーム、チケット取り置き枚数をご記入ください。
https://yourmythos.jp

物販は第一部から販売開始します。
グッズに関しては数に限りがございますので、売り切れの際はご了承ください。

ご不明点ございましたら、お気軽に公式サイトよりお問い合わせください。

06.22.2018

Galaxy Yoga vol.2

34670820_10213668725885578_4042952556534562816_n

OPEN / START
06.22.2018 

19:30

ADV / DOOR

¥3,700(マットレンタル +300YEN)

INFORMATION

神宮前のギャラリースペースGalaxy 銀河系にてYOGAインストラクター曽根弓子とDJ MAJESTIC WOMANがおくる音楽とヨガの時間です。照明を落とし特大のミラーボールまわせばひろがるGALAXY。アーサナの流れにシンクロするサウンドは深遠なバイブレーション。煌めく星とひとつになってYOGAをしてみませんか?

<< SCHEDULE >>
19:30 OPEN
20:00 YOGA & DJ START
21:00 YOGA END
21:30 CLOSE

★ヨガスタートは20:00ですのでお仕事帰りにぜひどうぞ。

参加の方はこちらのイベントページの参加ボタンを押してください。
——————–

YOGA >> 曽根弓子
宮崎県出身。
伝えることを重んじ、“ヨガの真髄”、“生き方としてのヨガ”を学び始める。4歳からバイオリンを学びはじめ、クラシックに限らず様々なジャンルの音楽に親しみ、伝説のソフトロックバンド「Bobbie’s rockin’ chair」ではボーカルとして活動。ヨガが誰しもの生活に寄り添えるように空間作りを心がけている。自身の代表的な活動のひとつ、キャンドルヨガには心身のリラックスや浄化を求めて通う参加者も多い。個人宅、カフェ、SHOP、屋外、様々な場所でyogaを伝えている。近年は企業から依頼されヨガ講師を務めるなど多岐に渡り活動している。

主な活動
・川崎お家yoga
・調布お家yoga
・横須賀お家yoga
・厚木ママとkidsの為のyoga
・株式会社丸井グループ「インクルージョンフェス」にて、従業員向けの心と身体の健康プロジェクト、マルイ横浜店ではお客様 向けの体験ヨガクラスを担当。
・FITNESS CLUB tarzan にてキャンドルyoga及び瞑想 yoga。
・フィオーレの森「森のスタジオ」にてキャンドルyoga

DJ >> MAJESTIC WOMAN
1996年より東京にてDJ活動開始。HIPHOP,SOUL, RAREGROOVE…心に響く音を求め彷徨い続けて来た年月を経て、JAZZ,HOUSE,TECHNO, BREAK BEAT,DUB,民族音楽…グルーヴィーな波に乗り、本能の赴くまま深海へと誘う。2013年より2017年までホテルConrad Tokyo”Twenty Eight”にてレギュラープレイ。90周年を迎えた横浜ホテルニューグランドでは旧館ロビーを舞台にしたナイトラウンジにてDJ。時代、国境を超えたジャンルレスな選曲でmatureな空間を演出している。

05.12.2018

INOYAMALAND COLLECTING NET /
Music for Myxomycetes RELEASE LIVE

180512_Inoyamaland-01-2

OPEN / START
05.12.2018 

18:00/19:00

ADV / DOOR

¥3,000 with 1D

LINE UP

LIVE: INOYAMALAND(井上誠/山下康)

DJ: FROZEN ELECTRONIC WAVE(永田一直/リョウアライ/小暮秀夫/谷田部慎一)

INFORMATION

■INOYAMALAND(イノヤマランド)
1977年夏、山下康と井上誠は巻上公一のプロデュースする前衛劇の音楽制作のために出会い、メロトロンとシンセサイザー主体の作品を制作する。この音楽ユニットは山下康によってヒカシューと名付けられた。ヒカシューは同年秋からエレクトロニクスと民族楽器の混在する即興演奏グループとして活動を始めた後、1978年秋からは巻上公一(B,Vo)、海珠正道(G)らが参入、リズムボックスを使ったテクノポップ、エレクトロ・パンクバンドとして1979年にメジャーデビューした。1982年以降、井上はヒカシューの活動と並行して山下と2人のシンセサイザー・ユニット、イノヤマランドを結成する。1983年にYMOの細野晴臣プロデュースによりALFA/YEN RECORDSより1stアルバム『DANZINDAN-POJIDON』をリリース。その後、各地の博覧会、博物館、国際競技場、テーマパーク、大規模商業施設などの環境音楽の制作を行いながら、1997年にCrescentより2ndアルバム『INOYAMALAND』、1998年にはExT Recordingsの前身にあたるテクノレーベルTRANSONIC RECORDSより3rdアルバム『Music for Myxomycetes(変形菌のための音楽)』をリリース。10数年振りとなるライブも行った。2018年にはグループ結成のきっかけとなった1977年の前衛劇のオリジナル・サウンドトラック『COLLECTING NET』をリリース。また、近年では1stをはじめとする各アルバムが海外のDJ、コレクターの間で高値で取引され、多数の海外レーベルよりライセンスのオファーが相次ぎ、ポートランドのアンビエントデュオVisible CloaksのSpencer Doranをはじめ、カナダのシンガーソングライターMaylee ToddはVOGUE JAPANのインタビューでフェイバリットにイノヤマランドを挙げるなど世界的な再評価が高まっている。

主催 ExT Recordings
http://extrecordings.blogspot.jp

05.11.2018

BREATH OF CHAIN

30713171_1682530988451513_2707852296011644928_n

OPEN / START
05.11.2018 

19:00

ADV / DOOR

¥2,500+1Drink

LINE UP

LIVE:
Avila Santo (from LA)
Bucci’s Brew
(Bucci Tp, Takayuki Metsugi Ds, John Nakayama Key, Takahiro Hosoya Bass Yama a.k.a. Sahib Turntable 3_Diment’ ED Vj )
中村竜朗 & 東金城友洋(sax / Talkin’ side-A)

DJ:
Yama aka sahib(jazzbrothers/ASS)
MOSSGREEN
Pxrxdigm.(WONK)

INFORMATION

Hot Buttered Clubで不定期に開催されていたパーティー『BREATH OF CHAIN』は、毎回世界で活躍するアーティストが集まり呼吸を連鎖させた。今回はカリフォルニア州ロサンゼルスに拠点を置くミュージシャンAvila Santoが来日。彼の提唱するユニークな「アフロ・フューチャー サウンド」を是非体験して頂きたい。日本勢はベーシスト中村照夫がプロデュースしアルバムを製作中のBucci’s Brew,新進気鋭のアーティスト中村竜朗が出演。DJにはDJユニットJAZZBROTHERSで30周年を迎えたYama aka Sahibと次世代のスタンダードを地でいくMOSSGREEN、エクスペリメンタル・ソウル・バンドWONKのメンバーPxrxdigmという新旧が交差する波動を是非体感して欲しい。
未来の音楽はここにある。

■Avila Santo
カリフォルニア州ロサンゼルスに拠点を置き活動するミュージシャン、作曲家、プロデューサー、カポエリスタ、教育者。 バークリー音楽院の修士課程と スペインのバレンシアでの留学を納めた音楽修士である彼のユニークな「アフロ・フューチャー」スタイルは、伝統的なアフリカ・ディアスポラック・ドラム、カントーレ、カポエイラ、ブルースに根ざしている。 彼の音楽ポートフォリオは、ヒップホップ、ジャズ、エレクトロニック、アフロラテンのオルタナティブブレンドを通して表現される。 2016年、彼はロサンゼルス文化省のアーティスト・イン・レジデンスに認め、さらに活動の幅を広げている。

04.29.2018

NA WAY EXHIBITION 2018
〜薬物依存からの回復、そのメッセージと楽しい仲間たち〜

1522936224273-213x3001522103015259-213x300

OPEN / START
04.29.2018 

14:30

ADV / DOOR

入場無料

LINE UP

第1部(14:30〜16:00)
オープンスピーカーズミーティング

第2部(16:00〜22:00)
クラブフェロー(DJ、エイサー、ドラァグクィーンショー)

INFORMATION

問い合わせ
090-9686-8900(新宿G)

04.28.2018

BAR GALAXY SPECIAL-LAND OF CONFUSION-

1523031969442

OPEN / START
04.28.2018 

18:00

ADV / DOOR

1,000YEN

LINE UP

DJ:
MOODMAN
TASAKA
poem (2 MUCH CREW)
panparth

LIVE:
YOMEIRI LAND

04.22.2018

Devadasi Studio presents Spring Show ~Blossom~

29542170_1363467147116499_7799519964089596296_n

OPEN / START
04.22.2018 

19:00/19:30

ADV / DOOR

¥3,500/¥4,500

LINE UP

Dancers:
coco鮎美, Elli, JJ, Malika, Mediha, Nashaal, Yasmine, Yaliel, Yukta

INFORMATION

デバダシスタジオイストラクトレスによる
春のセレブレーション “スプリングショー~ブロッサム 開花~”開催です。

予約:3500円 (メール受付は4月15日まで。支払い期限は16日まで。)
当日:4500円 (4月15日以降は当日空きがある場合のみ当日受付可能です。)
予約・当日どちらも、会場受付にてドリンクチケット700円を購入いただきます。

また、当日フライヤーのオリジナル絵画作者 であるKyoko Aoyamaによる物販も予定しています。

<<ご予約&お支払い方法>>
ご予約は、メールでの受付となります。
(スタジオメンバーはスタジオにてご予約・お支払いいただけます。)
メールでのお申し込み受付期限は、4月15日までです。
お支払い期限は、メールでの申し込み後から1週間以内にお済ませください。
4月16日以降は、メールでの予約は受け付けられません。当日スペースがある場合のみ、会場にて当日金額をお支払いをいただきます。

一度お支払いただいた料金は、返金できません。ご了承ください。また、お席は自由席となります。

お申し込みメールアドレス:
inspire@devadasistudio.com
*件名は、Bloosom でお願いいたします。
*お申し込み名はローマ字表記で、振込者様名と同じ名前になるようお願いします。
http://devadasistudio.com/

04.21.2018

Offbeat rats

30689090_1635617849821205_6693376982270345216_n

OPEN / START
04.21.2018 

18:00

ADV / DOOR

¥2,000+1DRINK

LINE UP

Andy Bolus
http://evilmoisture.free.fr/

+ Miho
http://bobby.moo.free.fr/

Spor Tranquil
http://stochasticreleases.free.fr/listtapes.html

Buffalomckee
https://buffalomckee.bandcamp.com/

+ Yuki Kaneko
https://www.discogs.com/artist/2608177-Polyphonic-Parachute

+ Sekiguchi Satoru
https://satorusekiguchi.bandcamp.com

Takashima Eizo
http://www.collectifmoimoi.com/tag/feu-machin/

INFORMATION

パリ在住のイギリス人アーティスト、アンディ・ボリュスが約10年ぶりの来日。フランスのアンダーグラウンドアーティスト集団「ル・デルニエ・クリ(Le Dernier Cri)」の一員として知られる彼は、90年代初頭より多くのカセット/CD/レコード作品をリリースする一方で、そのビジュアル版ともいえるコラージュ作品やペインティング作品も発表し続けてきました。
また、国際的なノイズ・ミュージックシーンにおいては「エヴィル・モイスチャー(Evil Moisture)」名義での音楽活動を精力的に展開。サーキットベンディングにより生み出された自作ノイズマシーンを駆使しての演奏は必見・必聴。

04.15.2018

BAR GALAXY

bargalaxy415

OPEN / START
04.15.2018 

18:00~23:00

ADV / DOOR

1ST DRINK 1,000 YEN

LINE UP

Guest DJ:
maa

DJ:
ANGELYUKA
DJ orgamic

INFORMATION

GOOD VINYL ONLY

■maa (Hamon Radio)
90年代後半より西麻布Yellowに通う中でDJをスタート。アンダーグランドも通過し、様々な音を吸収。アンビエント〜レアグルーヴ〜ディープハウスとジャンルレスに気の向くままに音を鳴らすヒッピースタイル。毎月第3金曜“Friday Lounge”@渋谷Cafe Apres-midiと不定期開催の鎌倉”Good Mellows”でのDJとオーガナイズを軸に活動しながら、あわせて“SUBURBIA”“FREE SOUL”の活動で知られている橋本徹氏の“Good Mellows”シリーズのプロモーションなどをサポート。2017.11月に、ヒトとヒトが繋がるコミュニティを日本から世界へ発信しようと”Hamon Radio”=波紋ラジオを立ち上げ活動中。
Maa started DJing in the late 90s, while frequenting the legendary Tokyo club, Yellow. Since that time, he has been taking in various parts of the underground scene in Tokyo, and absorbing the sounds he has come across. He play hippie style ,ambient – rare groove – deep house ,without genre. Recently DJing at the monthly ‘Friday Lounge’ at Cafe Apres-midi in Shibuya, and organising occasional events at Good Mellows in Kamakura, he has also been supporting the release of ‘Good Mellows’ compilations from Toru Hashimoto of Free Soul and Suburbia fame.In addition, in November 2017 we launched”Hamon Radio” =”Ripple Radio” to connect the community of humans and humans that japanease culture to the world.

https://www.mixcloud.com/masahiro-tetsuka/slumber/

■ANGELYUKA
モデルとして国内外のファッション誌をはじめ、パリコレクションに出演するなど今注目を集める東京のイットガール。
インスタグラムのフォロワー数は38 万人を超え、同世代の女性たちからファッションアイコンとしての支持が高くモデル以外にも、アーティストとしての一面も持ちあわせDJ 活動をはじめ音楽方面へも活躍の場を広めている。

■DJ orgamic
漆黒のベースラインとカラフルなリズムを操り、官能グルーヴを紡ぐ。
17歳でHard Core Punkの洗礼を受け、衝動のままにReggae/Dub、Progressive Rock、Rare Grooveなど”rebel”かつ”goovin’”なミュージックを通過。RAW LIFE ’04でHouseに出会い、その自由なスタイル、カルチャーに魅せられ、House/Techno DJとして活動を始める。STRANGE@AIRのレジデントを務めた後、都内各所で活躍中。ヴェニューやシチュエーションによらず、狂気/驚喜の”rebel dance music”を展開し、フロアにadultyな温度をもたらす。

04.14.2018

1人ピーズ 大木温之ワンマン

MishMash03_FLYER

OPEN / START
04.14.2018 

18:15/19:00

ADV / DOOR

予約3,300円/当日3,800円
※共に+1D

LINE UP

大木温之(Theピーズ

INFORMATION

★チケット予約
LivePocket

★お問い合わせ
MARBLE MASH PERMANENTS
mishmash@marble-mash.com

04.13.2018

Galaxy YOGA

29216233_10213078960381809_8878345386842914816_n

OPEN / START
04.13.2018 

19:00

ADV / DOOR

¥3,700(マットレンタル +¥300)

INFORMATION

YOGAインストラクター曽根弓子とDJ MAJESTIC WOMANがおくる音楽とヨガの時間です。照明を落とし特大のミラーボールまわせばひろがるGALAXY。アーサナの流れにシンクロするサウンドは深遠なバイブレーション。煌めく星とひとつになってYOGAをしてみませんか?

<< SCHEDULE >>
19:00 OPEN
20:00 YOGA & DJ START
21:15 YOGA END
22:00 CLOSE

———————-
YOGA >> 曽根弓子
宮崎県出身。
伝えることを重んじ、“ヨガの真髄”、“生き方としてのヨガ”を学び始める。4歳からバイオリンを学びはじめ、クラシックに限らず様々なジャンルの音楽に親しみ、伝説のソフトロックバンド「Bobbie’s rockin’ chair」ではボーカルとして活動。ヨガが誰しもの生活に寄り添えるように空間作りを心がけている。自身の代表的な活動のひとつ、キャンドルヨガには心身のリラックスや浄化を求めて通う参加者も多い。個人宅、カフェ、SHOP、屋外、様々な場所でyogaを伝えている。近年は企業から依頼されヨガ講師を務めるなど多岐に渡り活動している。
                                                              
DJ >> MAJESTIC WOMAN
1996年より東京にてDJ活動開始。HIPHOP,SOUL, RAREGROOVE…心に響く音を求め彷徨い続けて来た年月を経て、JAZZ,HOUSE,TECHNO, BREAK BEAT,DUB,民族音楽…グルーヴィーな波に乗り、本能の赴くまま深海へと誘う。2013年より2017年までホテルConrad Tokyo”Twenty Eight”にてレギュラープレイ。90周年を迎えた横浜ホテルニューグランドでは旧館ロビーを舞台にしたナイトラウンジにてDJ。時代、国境を超えたジャンルレスな選曲でmatureな空間を演出している。

———————-
参加の方は以下のイベントページの
参加ボタンを押してください。
★★★FB Event Page
https://www.facebook.com/events/1007790196025727/

04.10.2018

DRAMATICS feat. tazuko

29135974_10157303978352576_1895867495607990252_n

OPEN / START
04.10.2018 

OPEN 19:00/1st stage 20:00/2nd 21:30

ADV / DOOR

¥3,000 + 1drink

LINE UP

DRAMATICS(勝井祐二+ササキヒデアキ)feat Tazuko
DJ Yama aka Sahib
yossy (CHA no MA m.l.)

INFORMATION

■DRAMATICS
ササキヒデアキ(映像)× 勝井祐二( Violin)
瞬間に虚と現を行き来する映像と音とのファンタジー。そして、その時にしか触れる事が出来ない即興のドキュメント。これが「DRAMATICS」という名前のイリュージョン(錯覚体験)。
ROVOをはじめ、ジャンルを超え東京の即興ライブシーンを牽引する勝井祐二と、まだVJという名称のない頃から音楽と即興的に関わって来た映像表現のパイオニア、ササキヒデアキの二人による、音と映像の即興ユニット。1994年に結成され、一旦の活動休止から2010年、実に8年ぶりに活動再開。

■tazuko
沖縄出身。己の身ひとつでなにをどこまで表現できるのか、独自の手法で心を具現化すること・時空を超えることに挑戦しつづけるベリーダンサー。2004年頃ベリーダンスの魅力に取り憑かれ、トルコ・エジプト・モロッコ・パリ・NYと海外にてベリーダンスを学ぶ。NYでAnahid Sofianに師事。80歳を過ぎてもなお踊り続ける彼女のダンサーとしての生き様に心を撃たれ、生涯の仕事としてダンサーを選ぶ。
2005年、モロッコ・マラケッシュでの初ステージを皮切りに精力的にステージを踏み、ショーダンサーとしてのキャリアをスタート。オリエンタルレストランなどでのレギュラーショーに加え、松任谷由実さんの紫綬褒章受賞記念パーティー(2013年)や、日本映画監督協会の忘年会(2014年)などの各著名人のプライベートパーティーにも数多く出演。FC琉球のフハーフタイムショーの演出(2013年)も評価された。
また、自分の身体を知ることをメインにしたレッスンは、大学生から65歳まで幅広い女性に支持されている。ベリーダンス特有のムーブメント、サークル(円)・インフィニティ(無限大)・スパイラル(螺旋)、この3つの基本となるナチュラルな動きをベースに、しなやかな身体とシンプルな動きの美しさを一緒に探究。自分の身体が愛おしくて抱きしめたくなるようなレッスン目指している。(レッスンの情報は LESSONページから。)現在、琉球テレビ朝日放送にて、隔週水曜日に「ベリーダンスでナチュラルボディメイキング」のコーナを担当。

■山元淑稀(Yossy)
3歳から近所の家にあったピアノに触れる。打楽器を佐藤正二郎・早坂雅子 両氏に師事し、音大 中退後、10 代で DJ としてキャリアをスタート。ダンサー・建築デザイナー etc を経て、2001 年に 作曲家・都志見 隆 率いる作家事務所オニオン・ブラザーズ・カンパニーに所属。
2002 年、[a day/RED] でプロデューサーとしてデビュー、以降アルバムやオムニバス LIVE、ツア ーなど多様な企画・制作に携わり、2004 年に独立。2005 年の日韓友情年には、日本・韓国の音楽 史上初となる日韓アーティスト合同アルバムの公式プロデューサーとして、その後の日韓音楽交流 に貢献した。
数々のアーティストへの楽曲提供や、映画・舞台の劇伴、TVCM 音楽など、歌ものからインスト まで様々な作品を手がけている。
Representative works:
CarpLovers+ / CARP SOURCE~ヴァイオリン・ポップス風味 ~ (プロデュース・編曲) 中西保志 / 秋日傘 (NHK 全国学校音楽コンクール 混成六部合唱用 編曲)
磯田道史 原作・脚本『直虎』 (劇伴作曲)
武 正晴 監督・足立 紳 脚本『きばいやんせ!私』(劇伴作曲 ) *2019 年全国公開予定
VR CRUISE & Oculus Gear VR オフィシャルコンテンツ『OKAZAKI SAKURA』 (作編曲) ほか

03.31.2018

Mish Mash Vol.2

MishMash02_FLYER_web

OPEN / START
03.31.2018 

17:30 / 18:00

ADV / DOOR

予約2,500円 / 当日2,800円
※共に+1D

LINE UP

Mr.ワリコメッツ
ミックスナッツハウス
マロンチック
ジ バンドエイジ

INFORMATION

★チケット予約
LivePocket
各バンド

★お問い合わせ
MARBLE MASH PERMANENTS
mishmash@marble-mash.com

03.30.2018

映画「ガーデンアパート」上映会

0330event

OPEN / START
03.30.2018 

OPEN 19:30/START 20:00

ADV / DOOR

¥1,500+1Drink

LINE UP

19:30- 開場
20:00- 「ガーデンアパート」上映 & 舞台挨拶
21:30- ALMA, Cemetery ライブ

INFORMATION

現役藝大生で、ヴィデオアーティストのUMMMI. (石原海)による初の長編映画『ガーデンアパート』 。
女たち、愛、狂気の入り交じるガールズムービー ・メロドラマ。

[INTRDUCTION]
崩壊しそうな愛にすがって夜をさまよう若い男女と、ひとりの派手な狂気の中年女性を長回しで追った一晩のメロドラマ。監督は、若手映像作家 UMMMI.として、シブカル祭やイメージフォーラムフェスティバル、ポンピドゥーセンター主催の映像祭で作品を発表するなど、アートと映像の領域を横断して様々なヴィデオ作品を手がける石原海。出演はAmerican Apparelやミキオサカベのモデルを務めるなど、モデルとして活躍しつつ、同時に写真作品やZINEも手がける篠宮由佳利。

[STORY]
ひかりは、同棲中の太郎との子供を妊娠したばかり。二人とも大学を卒業後、就職をせずにバイトで暮らしていたが、金銭的な問題が浮上する。太郎はひかりに内緒で、叔母の京子に頼る。しかし叔母である京子は、若くして旦那を亡くして以来、アル中気味で気が狂って奇妙な言動ばかり。ついでになぜか家に何人も若い子を住まわせている。ひかりは太郎に内緒で、叔母の家をひとりで訪れる。これは、崩壊しそうな愛に関する一晩のメロドラマである。

03.24.2018

CAN’T

27336682_1832782556746129_6678685057450647778_n

OPEN / START
03.24.2018 

OPEN 17:30/START 18:00

ADV / DOOR

前売り:¥3.500 (税込)
当日:¥4.000 (税込)
※共に+1D
※枚数限定販売。

LINE UP

LIVE:
Föllakzoid
dip
NYANTORA
MirrorMoves

VJ:
Ryoji Yamada

DJ:
Turkey

INFORMATION

『CAN’T』第二回目の開催決定。クラウトロックの新星Föllakzoid(チリ)が来日!!

2017年5月、ベルリンからCAMERAを迎え開催された第一回目の『CAN’T』は、既存のライブイベントという枠にとらわれないそのスタイルが話題を呼び、大盛況で幕を閉じた。
そして来る2018年3月24(土)、チリからFöllakzoidを迎え第二回目の開催が決定!!
共演には、前回のCAN’Tで特別仕様のライブを見せてくれたdip、そして新進気鋭のポストパンクバンドMirrorMovesが共に二回目の出演。
そして今回はナカコー(ex.スーパーカー)がNYANTORAとして初出演する。
VJは、海外でも高い評価を受けている若手アニメーション作家Ryoji Yamadaが担当し、CAN’Tのオーガナイザーを務めるTurkeyがDJとして参加する。

———————————–

■一般販売
2018年2月11日 (日) 13:00~ PassMarket    
https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/014ai9zcwzb6.html

※スマホをお持ちでない方、PassMarketが利用できない方はこちらからもメール予約可能。
メール予約の場合は、お名前、電話番号、枚数を明記の上、
dpatokyo@outlook.jp(タムラ)までメールをお願いします。

※最新情報は以下からご確認ください。
https://dpatokyo.wixsite.com/dpatokyo/can-t

https://www.facebook.com/events/335915106815859/

03.21.2018

銀河系の夕べ vol.5 [Guest : ASA-CHANG]

28308433_1791706657552563_352811538_n

OPEN / START
03.21.2018 

16:00~20:00

ADV / DOOR

DOOR ¥3,000 with 1Drink

LINE UP

GUEST:
ASA-CHANG

LIVE:
C・P・D(大須賀聡+池田恭子+田島可奈子)
ベチカ+たぶらぼん子
たぶらぼん子ぼん子ぼん子

DJ:
カネコヒデシ
Hiroyuki Fujimura

FOOD:
GYPSY KITCHEN

INFORMATION

タブラボンゴや踊りのライブをメインに開催されてきた銀河系の夕べ。
今回はゲストにタブラボンゴの生みの親であるASA-CHANGをお迎えし、ライブ盛り沢山でお送りします。

■出演者プロフィール

[GUEST:ASA-CHANG]
20代前半は、ファッション誌「CUTiE」「Olive」や、小泉今日子らを手がけるヘアメイク・アーティストとして活躍。同時に「東京スカパラダイスオーケストラ」を創始。脱退後しばらくして「ASA-CHANG&巡礼」を始動。インド・アジア系打楽器から玩具類、ガラクタ、シンセ音などを散りばめ、楽曲にアプローチする彼独特のプレイスタイルを確立。
ポップとアバンギャルドを軽々と行き来する様々な活動は、多くの注目を集める一方、作曲・アレンジャーとしても活躍。
2015 年よりNHK E テレの音楽教育番組「ムジカ・ピッコリーノ」にレギュラー出演、体当たりな演技と演奏が好評を博す。
http://junray.com/asa-chang/

—————————–

〜タブラボンゴとは?〜
ルックスはボンゴ、でもインドの太鼓タブラのようなドゥーンと響く深い低音や、カーンと突き抜けるような高音も鳴らせる打楽器界の新星!それがタブラボンゴ!
ルーツはASA-CHANGが東京スカパラダイスオーケストラのリーダーだった時代に遡ります。インドネシアのジャカルタで遭遇した大衆音楽「ダンドゥッド」の太鼓に惚れ込んだASA-CHANGが日本で創意工夫をくりかえし独自のアレンジを加えて魅惑の楽器「タブラボンゴ」が誕生しました。タブラと比べて奏法や取り扱いが容易なうえ、マイキングしやすい構造のため大音量にも対応可能。

[タブラボンゴ:たぶらぼん子]
パーカッショニストASA-CHANGにタブラボンゴの手解きを受ける。同氏プロデュースの集団”ハッピータブラボンゴ会社”の会社員としてイベント・フェス等に出演。ASA-CHANG&巡礼のアルバム『まほう』のレコーディングに参加(参加曲:木琴の唄)。
普段は普通の会社員。

[タブラボンゴ:池田恭子]
長野県出身。東京音楽大学音楽教育専攻実技専修コース(打楽器)卒業。現在はフリーのパーカッショ二ストとして活動しつつ、島村楽器リトミック科講師を勤める。また近年ではタブラボンゴをASA-CHANG氏に師事。演奏、作曲を行なっている。

[タブラボンゴ:山田モエコ]
青森県八戸市出身。女子美術大学短期大学部専攻科修了。ドラム・パーカッションをASA-CHANGに師事。タブラボンゴに出会い、ハッピータブラボンゴ会社 社員として活動。平行して2017年までTHE LET’S GO’sドラム&ボーカルをつとめる。趣味は刺繍。
この度3人目のぼん子として合流。

—————————–

[ギター:大須賀聡]
ギタリスト 1981年3月17日東京生まれ。12歳よりギターを始める。安部一城氏に師事。演奏法と音楽理論とジャズギターを学ぶ。
2006年に甲陽音楽院主催バークリー音楽院奨学金合格。渋谷、青山のクラブにて定期的に演奏。
2012年アコーディオニスト都丸智栄氏(ザッハトルテ)との共演。数多くオープンマイクイベント主催、アーティストサポート、アレンジ、ベリーダンスショーでの演奏などジャズをベースにマルチなギタリストとして活動する。

[スティールパン:田島可奈子]
音楽大学で打楽器を専攻。卒業後、WAIWAI STEEL BANDで関東・東海地方を中心に活動中。

[踊り:ベチカ]
20歳までの10年間はひたすらオーボエを吹き続け、所属オーケストラで数多のコンクールに出場、ソロでも全国・国際コンクールにて入賞。19歳の時に何故かポールダンスを始め、2015年まで企業のパーティやクラブイベント等に出演する。2013年半ばからはオリエンタルダンスを学び始め、Tribal/Fusion StyleをAsami、現在はTribal Fusion/American Tribal StyleをAyaに師事。
Galaxyにてヨガクラス主宰。https://galaxy-yoga.info/

[DJ:カネコヒデシ]
MediaDirector / Editor & WRITER / DJ / Broadcaster編集プロダクション”BonVoyage”主宰、WEBマガジン『TYO magazine/トーキョー・マガジン』発行。ニッポンのいい音楽を紹介するプロジェクト『Japanese Soul』主宰。
http://tyo-m.jp/

[DJ:Hiroyuki Fujimura]
90年代後半にvinylの魅力に取り憑かれ、同時にDJとしてのキャリアもスタート。disco,soul,jazzを中心に掘り続け、一時はobscure discoへ傾倒するも今は新旧問わずジャンルレスにplayの幅を広げている。
毎月最終土曜日「DISCO PLAY」@三軒茶屋32016、偶数月第2月曜日「Wax Warriors」@渋谷ROOTS、レギュラー出演。

[FOOD:GYPSY KITCHEN]
ジプシー女が繰り広げる世にも不思議な屋台。多国籍・無国籍・創作料理、ヴィーガン、ベジタリアン料理。ジプシーキッチン自慢のメニューは北海道の実家で作っている無農薬高級花豆を使用したジプシーフライドBEANS。ビールのおつまみに最高&やみつき必至!
https://www.facebook.com/magical.gypsy.caravan80/

03.10.2018 - 03.11.2018

(un)TREND

moka_unTREND_180223_0001

OPEN / START
03.10.2018 - 03.11.2018 

13:00

ADV / DOOR

入場無料

INFORMATION

東京発のオピニオンマガジンBe Inspired
が、共感するブランドや人をキュレーションし「トレンドにとらわれないものづくり」そして「トレンドに惑わされない買い物」をするリアル場を読者(消費者)にお届けします。

————–
10日 (土)
■出店ブランドの展示、試着、販売会
EVERY DENIM
http://everydenim.com/

10YC
https://10yc.jp/

ALL YOURS
https://allyours.jp/

■17:00 トークセッション
「トレンドに左右されない新しい買い物とは?」
ファシリテーター : EVERY DENIM 山脇耀平
ゲスト : 赤澤える/nanami/haru/ 軍地彩弓

■19:00 懇親会
FOOD ULTRA LUNCH

————–
11日 (日)
■出店ブランドの展示、試着、販売会
■15:00 公開クラウドファンディングプロジェクト作成
■16:00 公開打ち合わせトークショー
■17:00 クラウドファンディングトークセッション

FBイベントページに最新情報がupされています。

03.03.2018

TwitNoNukes Presents 『Standard』 アンコール上映

STANDARD_poster-725x1024

OPEN / START
03.03.2018 
ADV / DOOR

¥1,000
※2回上映入れ替え制/DJタイムは入場無料

LINE UP

1回目 16:00〜18:00
2回目 19:00〜21:00
DJ 21:00〜23:00

INFORMATION

オフィシャルサイト
http://standard-movie.jp/

Twitterオフィシャルアカウント
https://twitter.com/STANDARD_movie

<3.11>それはこの国の「スタンダード」を変えたのか?
そして<3.11以降>この国は私たちをどこへ連れていくのか。
書き換えられ、消し去られようとするものに抗う人々。
プロテストをデザインしてきた<普通の人々>によって語られる路上のクロニクル。

今もなお日本を揺るがせ続ける「3.11以後」。福島第一原発事故をきっかけに全国的に拡大した反原発運動に始まり、反レイシズム、反安倍政権の状況にコミットし、路上で行動しし続けてきた「普通の人々」の姿を描く。

監督・音楽・ナレーション:平野太一
出演:野間易通、ECD、井手 実、Akira The Hustler、DJ TASAKA ほか
製作年:2018年
製作国:日本
製作:TwitNoNukes Project
上映時間:120分

02.14.2018 - 02.24.2018

STREET JUSTICE – ART, SOUND AND POWER

tumblr_inline_p38zioAA2N1qamrgy_500

OPEN / START
02.14.2018 - 02.24.2018 
LINE UP

期間 2018年2月17日(土)〜2月24日(土)レイシストをしばき隊5周年
会場 Galaxy 銀河系 http://www.thegalaxy.jp
時間 12:00-20:00(毎日)
主催 C.R.A.C.

INFORMATION

レイシストをしばき隊の5周年を記念して行われる、反レイシズムをテーマとした総合アート展です。

[出展/出演アーティスト]
Akira the Hustler・竹川宣彰・碓井ゆい・大澤悠大・竹崎和征・Jong YuGyong・李晶玉・三島タカユキ・島崎ろでぃー・千原航・平野太一・ECD・中川五郎・ENDON・三浦雅也・MikaTen(T. 美川+テンテンコ)・Bullsxxt・悪霊・DJ Shufflemaster・DJ Holiday・磯部涼・BLEND is beautiful・C.R.A.C. and more

———————————-

■2月17日(土)17:00 ¥1,000
【Fuck That Racist – Music Is The Weapon Vol.2】 
出演:ENDON、MikaTen、悪霊、Bullsxxt、DJ Shufflemaster、DJ Holiday

■2月18日(日)17:00 無料
【『実録・レイシストをしばき隊』発売記念トーク・セッション – 「正義について」 】
出演:野間易通、神原元、伊藤大介 

■2月20日(火)19:00 無料
映画『STANDARD』(平野太一監督作品)
上映・舞台挨拶あり

■2月21日(水)19:00 ¥1,000
【Folks Not Dead Vol.3】
出演:中川五郎、三浦雅也(夜のストレンジャーズ)

■2月23日(金)19:00 無料
【トーク・セッション “Sitting-In In The Galaxy Art Against Racism”】
出演:Akira The Hustler、竹川宣彰、李晶玉ほか

■2月24日(土)15:00 無料
【トーク・セッション「川崎」】
出演:磯部涼、C.R.A.C.川崎、野間易通

■2月24日(土)17:00 ¨¥1,000
【BLEND is Beautiful】
出演:DJ TASAKA, DJ 1-DRINK, PUNKADELIX(MAYUDEPTH) , Ookudaaaki, The Gospel Renegade

———————————-

作家・出演者紹介

[ART EXHIBITION]

Akira the Hustler(C.R.A.C./レイシストをしばき隊)
1969年東京生まれ。京都市立芸大大学院絵画研究科修了。2000年よりAkira the Hustler名義で、国内外の展覧会に出品。著書: 『売男日記』(ISSHI PRESS/2000年)、 「남창일기」(SUNNY BOOKS/2018年、韓国) http://akirathehustler.tumblr.com/

竹川宣彰(C.R.A.C./レイシストをしばき隊)
1977東京生まれ。現代アート暦15年。近年の個展は2017年個展「猫奥伝:記念虎次郎」オオタファインアーツ上海、グループ展はウラジオストクビエンナーレ、シンガポールビエンナーレ。「あの」有名な釘バットは竹川の作品。http://takekawanobuaki.com/

碓井ゆい
1980年東京生まれ、美術作家。現在、「現代地方譚5 想像の葦」(すさきまちかどギャラリー他・須崎)に出品中。3月には「VOCA展2018」(上野の森美術館・東京)に出品予定。http://www.yuiusui.com

大澤悠大
1984年生まれ。アートディレクター。多摩美術大学卒業。広告などのアートディレクションを中心に活動。2016年 やけのはら、P-RUFF、H.TAKAHASHIからなるアンビエントユニット「UNKNOWN ME」に加入。2017年 カナイフユキと合同で「Your silence will not protect you.」を開催。

http://www.osawayudai.com/

竹崎和征
1976年高知県生まれ、現在は香川を拠点に活動。 主な展覧会に、2016年「HEAVEN HILL」MISAKO & ROSEN (東京・個展)、 2015年ステーキハウスドスコイ(東京・個展)や2014年オペラシティー・アート・ギャラリー(東京)「絵画の在りか」など。

JongYuGyong
1991年兵庫県生まれ。アーティスト。朝鮮大学校研究院卒業。現在ソウルを拠点に活動中。北朝鮮のプロパガンダポスターを印刷の網点に変換するペインティングやソウルの風景を撮影した写真に北朝鮮でよく使われる単語を重ねる作品等を制作している。

https://jongyugyong.com/

李晶玉
1991年東京生まれ。画家、美術家。朝鮮大学校美術科研究院在学中。主な展覧会に「在日・現在・美術」「武蔵美×朝鮮大 突然、目の前がひらけて」など。2016年に美術手帖「あなたの知らないニューカマーアーティスト100」特集に掲載。2018年に個展「神話#1」を開催。

三島タカユキ
1967年大阪府生まれ。ロック・バンド、ギターウルフのカメラマン=カメラウルフとしても知られる。ヘイトデモへのカウンター活動を最も初期から撮影しており、最初期のしばき隊を捉えた数少ない写真家の一人。写真集に『フルテン』(リトルモア)。2017年没。
.
島崎ろでぃー
1973年東京生まれ。写真家。2016年、ECDとの共著『ひきがね』(ころから)を出版。ホームページ 「Rody’s Bullets」http://shimazakirody.com

千原航
1971年東京生まれ。グラフィックデザイナー。多摩美術大学美術学部二部卒。立花ハジメデザインを経て独立。朗文堂タイポグラフィ・スクール「新宿私塾」第六期修了。07-17年多摩美術大学造形表現学部にて演習「妄想」、ゼミ「現実」等を担当。2/22まで「グラフィズム断章」展(クリエイションギャラリーG8)参加中。

久保憲司(C.R.A.C./レイシストをしばき隊)
1964年、大阪府出身。写真家・音楽評論家・オーガナイザー。レイシストをしばき隊のオリジナル・メンバーだが、一般にはUKのロックやレイヴ・カルチャーを80年代から追い続けたロック・フォトグラファーとして知られる。写真集に『loaded』(Pヴァイン/2013年)など。http://showcase-management.net/

[MUSIC PERFORMANCES]

ENDON
エクストリーム・ミュージックの決定的な更新を目論み結成。ギター/ドラムのソリッドな演奏を機軸に、ハードコアやブラック・メタル的意匠をまといノイズで空間を埋め尽くすサウンドは、シーンの最先鋭として知られる。1stアルバム『MAMA』(2014年)発表以降、バンド/ノイズ・アバンギャルド界は勿論、クラブ・カルチャーからストリート・シーンまで横断して活動。レイシストをしばき隊に最初に支持を表明したバンド。

MikaTen
非常階段、Incapacitantsなどで活動するT. 美川と、ポップスからインダストリアル、朝から真夜中まで型にはまらない聖域なき活動を行うテンテンコからなる驚愕のデュオ。誰も知らない知られちゃいけないところで、壮絶な音響バトルを繰り広げるMikaTenに禁じ手はない。

悪霊
かつて千歳烏山に存在したボロ団地出身のWORKING CLASSをREPするMC。社会を風刺する楽曲をバラエティ豊かに制作し公開している。https://soundcloud.com/blue-water-white-death

Bullsxxt
2012年結成東京を拠点に活動するヒップホップ・バンド。ジャズ、ソウル、ファンク、ルーツ・ロック、エレクトロニカなどさまざまな音楽から影響を受け、コンシャスネス~ポップネスを孕んだヒップホップ・サウンドを追求しつづけている。2017年10月に1stAlbum『Bullsxxt』をリリース。

DJ Holiday (a.k.a. 今里 from Struggle for Pride)

DJ Shufflemaster (C.R.A.C.)
ヨーロッパで伝説的な人気を誇るテクノDJ。2006年、オランダアムステルダムRAIでの大型フェスでのプレイを最後に活動休止。2013年、積年の沈黙を破り自身の新レーベル”四季協会”を立ち上げ”KANAMORI”名義で12年ぶりのフルアルバム”Dismantled Desire”をリリース。活動を再開した。

02.03.2018

BAR GALAXY

BAR GALAXY14

OPEN / START
02.03.2018 

20:00~23:30

ADV / DOOR

ENTRANCE FREE (1st DRINK ¥1,000)

LINE UP

DJ:
DJ TASAKA
DJ HOUSEDUST
panparth

INFORMATION

■DJ TASAKA
1974年、東京都生まれ。中学生の頃にヒップホップに出会い、ターンテーブルとミキサーを手に入れる。18歳になってから本格的にクラブでのDJをはじめ、その頃ダンスミュージックとしてのテクノに多大な影響を受ける。2001年にDJミックスCD「LOOPA MIX mixed by DJ TASAKA」をリリース。同年、ドイツ屋内レイヴMAYDAYに出演。2002年にはファーストアルバム「PASSPORT FOR DISCO」をリリース。その他に数々のリミックスとプロデュースを手掛けるなど幅広く活躍。2005年夏には、全て自身のオリジナルトラックを使ってライヴミックスしたアルバム「GO DJ」をリリース。2006年にはアルファとのユニット、アルファ&DJ Tasakaのアルバム「ホットカプセル」や、KagamiとのユニットDisco Twinsのアルバム「TWINS DISCO」をリリース。2009年7月ソロアルバム「Soul Clap」をリリース。WIRE10やSUMMER SONIC、RISING SUN ROCK FESTIVALなどでライヴセットを披露した。2010年にはドイツのMuller Recordsからもヨーロッパ盤「Soul Clap」がリリース。2011年には変名でドイツのKICKBOXERよりリリースしたniconeとの共作が話題に。2012年にはベルリンのmoensterboxより新作がリリースされた。2013年にはSugiurumnが立ち上げたBASSWORKS RECORDINGSよりEPを2タイトルリリース。2015年7月、自身の立ち上げたレーベルUpRight Rec.からアルバム「UpRight」をリリースした。

■HOUSEDUST aka DJ Shufflemaster
DJ SHUFFLEMASTER こと金森達也は1990年代中頃からベルリンの名門レーベルTRESORを筆頭に自身のHOUSEDUST、BEN SIMS のTHEORY、SUBVOICE 等からのリリースや、ADAM BEYERのCODE RED、THOMAS SCHUMACHER、DJ RUSH 、DJ DEEON 等へのリミックスワークをこなし先鋭的なミニマル・テクノ作品をリリースしてきた。
ゼロ年代前半までの約10年間をワールドワイドに疾走したが突如活動停止。
2012年、10年以上に渡る沈黙の歳月を経てKANAMORI名義によるアルバム「DISMANTLED DESIRE」を新たに立ち上げた四季協会レーベルより突如リリースしシーンへ復活を果たす。
以降も四季協会レーベルからの作品リリースの他、シカゴゲットーハウスのレジェンドDJ FUNK、90年代からの盟友でもあるCHESTER BEATTYとのプロジェクト等でTIGAのTURBO、ELLEN ALLIENのBPITCH CONTROLからリリースを重ねている。
2017年はPACO OSUNAのMINDSHAKEレーベルからGARY BECKリミックスを収録した2002年度作品Re:Weekender”が再リリースされた。
2018年にはシカゴのレジェンドDJ SKULL、イタリアのニューカマーMATTIA TRANIらのDJ SHUFLEMASTERリミックスがリリース予定。

■panparth
DJ。地図とか年表を見るのが好き。

01.19.2018

Cosmopolitan Dance feat. DJ TLR (Crème Organization)

TLR_WEB_FLYER

OPEN / START
01.19.2018 

22:00

ADV / DOOR

Door: ¥3,500 (1D)
w/Flyer: ¥3,000 (1D)
Advance: ¥2,500 (1D)

LINE UP

DeeJays:
DJ TLR (Crème Organization)
Dr. Nishimura
1-DRINK
LIL’ MOFO – Jungle Set

Space Design & Visual Lighting:
MIXER

INFORMATION

* Advance tickets available on Resident Advisor (limited 150).
* You must be over 20 years old (photo ID required to enter).

外部リンク:
RA: https://www.residentadvisor.net/events/1044513/
FB: https://www.facebook.com/events/1934514830142227/